シスコンシャス

  • Day:2012.07.09 18:48
  • Cat:ほか
昼、お客さんの領収書をチェックしていて「シスコンパーキング蔵前」という駐車場の領収書を発見。シスコン?なんでわざわざそんな名前を?もしやシスコンに私の知らないもうひとつの意味があるのだろうか、と気になったので会社のパソコンに恥ずかしい履歴が残るのを覚悟してグーグル先生に「シスコン 意味」と尋ねてみたが、やはりシスコンはシスコンだった。シスコンパーキング蔵前。「蔵前」がかっこいいだけにやるせない。

帰り道、チャリに乗ったおじさんがすれ違う瞬間に「ちくびのかたちがまるみえー」という鼻歌を口ずさんでいて思わず自分の胴体を見下ろしたが私のことではなかった。よかった。
スポンサーサイト

アイス当たった

  • Day:2012.07.08 22:59
  • Cat:ほか
今日も朝から勉強三昧、昨日は夜中に眠れないので仕方なくずっと暗記をしていたら今朝は眠くて寝てる場合じゃないのに寝坊をしてしまった。合掌。なんでこんなことに。

土日は近所のセブンイレブンに1日1回行く以外はずっと勉強していて気が狂いそうになるもののこの生活もあと3週間、3週間!たったの!まずい。非常にまずい。

そんな中唯一の息抜きは好きな作家がWebで書いている日記やブログをちびちび読むことで(本買うと休憩を通り越して廃人になるからね)、今はまっているのは柴崎友香さんの「よう知らんけど日記」。私はこの人が大好きでいつかこういう日記を書いたらいいのにと切望していたのですが実はすでに存在していたという、いや世の中には知らないこと気づいてないことがほんとにたくさんあるもんです。

試験直前の焦りに加えてカルシウムが不足しているため鹿児島から取り寄せた「食べるきびなご」を延々噛みながら勉強しているので常にお腹がいっぱいだ。

なんで今日はこんな調子かというと携帯から更新してみているから。
たまには毎日書いてみようかな。ああ、勉強したくない。

さっき本日のセブンに行って麦茶とピルクルと食パンとかき氷を買ったらレジのおばちゃんが「くじをどうぞ」と言うのではい、と引いたらおばちゃん「はい、あら、アイスが当たりました」。まじで!うれしい。いいんですか?と言うと「いいんですよ決まりだから」とのこと。決まりかー。たまにはいいなあ決まりも。というわけで自分で買ったいちごのかき氷とくじでもらったチョコバニラアイスが冷凍庫にあるという幸せにごまかされてもうちょっとだけがんばれます。

臓器の反逆

  • Day:2012.06.27 22:45
  • Cat:ほか
試験が終わったらやりたいこと。

その1 歯石をとる
その2 ペーパードライバー講習を受ける
その3 青春18切符の旅

歯石とりはこれ、今までやらずに生きてきたことが悔やまれるくらい楽しいレジャーだと思うのですが、
いかんせん試験前に通いつめる時間はないため試験後のお楽しみナンバーワン。

ペーパードライバー講習は前から行きたいと思いつつ今に至る懸案なのですが
いかんせん教官との強制デートの様相を呈する恐れありなため、まあできれば。

そして何と言っても旅ですが、貧乏乗り鉄な私にやさしい、ザ・18切符。
行き先は高台もしくは原っぱもしくは湖、ケータイもパソコンも置いて行くのだ、
そしてできれば和室の民宿みたいなところに泊まって何にもしないで過ごすのだ。

はー。興奮。

というパラダイスを夢見てハイペースで暮らしていたら本日、
膀胱炎、略してBK炎を発症いたしました。

痛い。

病院に行くまでの対処法をご存じの方、何卒、
た す け て …

バスの神様

  • Day:2012.02.10 21:01
  • Cat:ほか
ごぶさたしております。

仕事で追いつめられすぎな今日この頃なもので
本日は気分転換にバスで帰ってきてみましたところ、
先月に越してきた今の家からなんと徒歩2分のところに
職場近くから出るバスの停留所があるではありませんか。

きた。
ついにきました。
長年バスを愛してきたからに違いない。
神様ありがとうございます。

なんだかなあ、
やりたいことがたくさんあって、
時間は全然足りないし、
会いたい人とは会えないし、

でもまあ、全部しょうがない、
しょうがないしょうがないしょうがない、
と言ってるあいだに大事だったはずのものとかほとんど
思い出さなくなっていくのかもしれません、
かなしいけど、それもしょうがない、
と言えば言えなくもない、
しょうがないという言葉の力とは、日常の力とは、
すべてを流し去ってしまう、おそろしいもんです。

遠くの父上母上おばあちゃん大切な友達たち、
寒いけどどうか元気でね。

睡眠万歳

  • Day:2011.11.26 08:52
  • Cat:ほか
身体を快適にすると脳にも快適信号が送られる
(順番として、脳で快適だと感じるから身体が快適になるのではない)
というのを知って以来、
自分にとっての快適の2大要素として

・たっぷり寝る
・身体を冷やさない

の2点に気を配って生活していたら、
確かに元気。

毎日早起きして勉強するつもりで22時ぐらいに寝ているのですが
結局ふつうに会社に行く時間まで寝ています。
く、9時間・・・

しかしポイントはそこでくよくよ反省しないということで、
もう私は32年間むだな反省をたくさんしてきたので
今後はなるべく反省をしない、
するのはよく考えた結果本当に自分が悪かった時だけにしよう、
寝すぎたのは寝すぎただけで良い悪いの問題ではないので
しかもたっぷり寝て気持ちよかったので反省はしない、
という固い決意のもと反省を抑えた生活を送っております。
まどろっこしい。

本日の夜は1社目から2社目でお世話になった元上司&先輩たちとの飲み会、
私の社会人生活で永遠の憧れであるビューティー&クール&仕事のできるN先輩と
ものすごく久しぶりに会えるのでとても楽しみです。

あー
クールかつ優しいし仕事できるし美人だしスタイルいいしなのに気取ってないなんて
あの人みたいになりたい・・!

と思っていた頃のN先輩の年齢も越えてしまったわけで、
むだな反省なんかしている場合ではないぞ。

デフレな肌ざわり

  • Day:2011.11.05 20:05
  • Cat:ほか
トイレットペーパーの包み紙というかパッケージというのは
けっこう意識していないものであって、
こだわりのメーカーとか何とかいうのは特になく、
いつもぱっと手に取ったものを買っているだけなのですが、
皆様におかれましてはいかがでしょうか。

お尻の拭き具合というか拭かれ具合なんかも大差ないので
自分がトイレットペーパーのメーカーその他を意識したことがない
という事実にも当然のことながら今まで気づいていなかったのですが。

先日購入したトイレットペーパーは明らかに違いました。
お尻にハードタッチ。なんだこれは。

たぶん無意識にけっこう安いものを買ってしまったのでしょう。
しかし通常トイレットペーパーというのは12ロールで1セット、
なのでしかたなくハードタッチのまま全ロールを消費、
ようやく本日買い替えのタイミングを迎え、
意気揚々と薬局に向かったところまではよかったのですが、

覚えていないのです、
やっぱりその、メーカーもパッケージも。
なんで見てこなかったんだ私は。

どれだっけ・・
あの駄目なのどれだっけ・・・

と数分間トイレットペーパーの棚の前で悩んだ後、
うん、これが一番安いということはこれが例のハードな紙だろう、
ということは、これより2段階高いこっちだったらきっとソフト、
よし、これで大丈夫。

と決心して買って帰ったトイレットペーパーを早速開封して触ってみると、
なんと昨日まで使っていた例のハードタッチとまったく同じ肌ざわり。

こんな短期間に最安値が2段階も更新されるとは。
ニッポンのデフレーション、恐るべし。

もはや国にはお尻すら任せられん、
とさらなる12ロールを抱えて茫然といたしました。

それにしてもなんて贅沢な悩みだろうか。

日光シンキング

  • Day:2011.11.05 07:52
  • Cat:ほか
今朝は無事に早起きできまして、
体操しておふろに入って洗濯してご飯を食べて
こう書くとおじいちゃんのようですが、朝は気持ちがいいですね。

眠い、眠いけど起き上がらないと脳が起きない、
ともろもろを振り切って起き上がり、台所に行くと、
今朝の早起きのためという言い訳で放置していた洗い物
(私のコップとか私の弁当箱とか私のばっかり)がきれいに洗ってあり、

あああああー弟よ、
またやってしまったよ、
ありがとう、まじでありがとう、なんていいやつ・・!

と感動のあまり一気に目が覚めました。

ありがとうというのはとても言いやすい言葉で
言うほうも言われるほうも悪い気がしないものですが、
こうしてほしいとかああしてほしいとかいう要望のようなことは
なかなか言いにくい。私はいい子ぶりっこなのでだいたい言えません。

と今まで思ってきましたが、
親でも友達でも恋人でも誰が相手でも
こうしてほしいと望むのをやめることはたぶんできなくて、
そうすると、
望んでいるのにええかっこしいで言えない、ということになるわけですが、

人間、というかまあ少なくとも私というのは勝手なもので、
親だから、友達だから、恋人だから、わかってくれるはず、
ということになってしまい、
望んでいる上にかっこつけたいという二重の欲望を抱えているのは自分なのに、
望みを酌んでくれない相手が悪い、というふうに考えてしまうんですねえ。
なんたるわがまま。

なんてことを
夜だと悶々と考えてしまうのですが、
朝だとこれが不思議なもので、
うんうん、そういうもんだ私は、気をつけよう今日から、
なんつって前向きに考えられるのです。
ポジティブで非常によろしい。太陽のおかげだろうか。

というわけで皆様本日もよい一日を。

ブログを移転してから正しいアクセス数がわかるようになり
gooの時は一日最低60人が見に来ていると表示され不可解極まりなかったのが
FC2に移ったら一日多くて10人という、
見てくれている人たちの顔を思い浮かべることができ、至極まっとう、

gooよあの数字は何だったのですか。
見栄をはっても全然幸せじゃないですよ。

ビビり損でした。ああよかった。

フェイスブックの快挙

  • Day:2011.10.30 08:35
  • Cat:ほか
数ヶ月前に勢いで始めたフェイスブックですが
2回だけ書き込んでみてあとは人の書き込みにいいねをクリックするだけの日々、
自分から友達リクエストを送りたいほどの激情にかられることもなく、

このままフェイドアウトするのだろうか、
ミクシィを脱会した4〜5年前と何も変わらんではないか、
いやむしろ悪化しているのではなかろうか、なんてこったい自己嫌悪、

と思っていたら昨日、とても素敵な出会いがありました!

それこそ5年前くらい、
私が最初の会社で働きすぎておかしなテンションでここを更新していた頃、
毎日のように心強いコメントで励ましてくれた高校時代の友人を、
友達の友達というので見つけたのです。

うーん
人の気も知らないでずんずん繋げようとするフェイスブックに
脅威しか感じずに今まできましたが、
たまにはいい働きするじゃないか。

そんなわけで私にしては非常に珍しく
しかとされたらどうしよう感を一切感じることなく速攻で友達リクエスト、

5年前、最初の会社を退職後に当ブログを何の断りもなく休止していたため
そしてミクシィも退会していて連絡を取る手段もなくしてしまったため
もう会えないのかもしれない、自分のせいなんだけど、悲しい、
あのとき励ましてくれてありがとうと言いたかったのに、
という気持ちが一気に受け入れられた気がしてすごくうれしかったのです。

URL変えてしまったので読んでないかもしれませんが、
あの時は本当にありがとう、
そして昨日もありがとう、
年末には帰るから絶対会うがね!

94年のことば

  • Day:2011.10.18 19:13
  • Cat:ほか
先程とても久しぶりに父方の祖母(94歳)と電話で話したのですが。

足を悪くしてしまったため老人ホームに入っている祖母は
父から受話器を受け取るなり

「怪我やら病気はしてないね?」
「地震は大丈夫だったね?」
「彼氏はできたね?」
「仕事はどうね?」
「お金はあるね?」

と質問攻め、

病気は大丈夫、地震も大丈夫、
彼氏は微妙だけど、
仕事も大丈夫よ、お金も大丈夫よ、

と一通り回答した私の
おばあちゃんこそ足大丈夫け?車いす慣れた?という問いかけは完全に無視して

りさちゃん、
地震やら病気はそらもう来たらしょうがないけどね、
人やら仕事やらは自分の好きなようにしてよかとよ、
好かん人と我慢しておったりせんでよかとよ、
好っな人とおらんといかんよ、
仕事はねえ、お金は自分で稼がなならんけど、
稼っがなれば何でもよかとよ、
じゃっどん我慢をせんことよ、

と唐突かつ一気に言うので
最初びびったものの聞いてたらなんかもう涙が出てきて
ごめんねえ東京にいて、あんまり帰らんくて、もう14年だがよ、
と何となく言ったら

なんを泣っことがあっね!
好っで行ったとこでしょうが、
そこできばらんなら!(そこでがんばらないと!)

と言われ

本来心配しなければいけないのは私のほうなのになあと思いながら
がんがん元気づけられてしまいました。

さすがだねえおばあちゃん。
だてに94年も生きてないね。

お父さんを産んでくれてありがとう!

大おめでとう

  • Day:2011.09.03 21:25
  • Cat:ほか
今日は朝から自習室に行ったのに
途中お昼を食べながら空を見ていたら台風のせいか
雲が空の高い位置と低い位置に二層になって別々の速度で流れているのを延々見てしまい
すっかりやる気をなくして帰ってきてしまいました。
何しに行ったんだ。

関係ないですが、
最近歳のせいか体がバランスのよい栄養を求めているようで、
ひとり暮らし開始以来まじで一滴も飲んでいなかったあの忌々しい牛乳を
1ヶ月ほど前から朝ごはんのとき自然に飲むようになったのですが、
そのせいかどうかわからないものの
お菓子とか何とか甘いものに対する欲求が皆無になりつつあり、
もはや痩せることではなく太らないようにすることが目標になってきた三十代にとって
心強い味方です、牛乳。14年間も無視してすみませんでした。

ついでにこれも関係ないですが、
最近同年代の知人友人の結婚および懐妊のニュースが飛び交っており
聞くたびにおめでとうと思うしおめでとうと言いもするのですが、
なんかこう、おめでとうの前後に加えるいろんな言葉のストックが私にはなく、
単におめでとうとだけ言うとあんまりおめでたがってないような感じを与えそうな気がして
でもおめでたいことだからこそ適当な社交辞令なんか言わない方が誠実じゃないかとか思ったりして
やや悶々とします。まあそもそもそんなに深刻に考えなくていいのかもしれませんが。

好きと言うより大好きと言うほうが好きな感じが伝わるように、
おめでとうにもそういう最大級のような表現があればいいのにねえ。

夏休みの思い出

  • Day:2011.08.20 11:25
  • Cat:ほか
雨があがったら秋ですね。
朝起きて散歩をしてご飯を食べて本を読んで、ああ幸せ。
このまま来年の試験日がこなければいいのに・・

先週は3日間夏休みだったのですが、
お風呂とテレビが立て続けに壊れ始めて
お風呂からはお湯が出ず、テレビからは蚊の鳴くような音しか出ず、
形のあるものは壊れるもんですね、とセンチメンタルになりつつ
近所を歩いて銭湯を探す日々です。

水曜日には社会人人生で猛烈にお世話になった
KさんとNさん、Hさんという先輩方とご飯を食べました。

Kさんの1日に24時間しかないとは思えないほどの活動が詰まっていることは前から知っていましたが、
Hさんも自営業で忙しそうなのにたくさん本を読んでいて社交もしている様子、
これに対し、社交は苦手と言い訳しながらバイオリズムに任せてだらだらしてしまう自分はいかんなあ
と反省、このままでよいのだろうか、いや、よくない、
というわけでせめて資格ぐらいさっさと取ろう、
とやる気を新たにして帰宅しましたが、
結局その場で話に出た本を読んだりしていまだ勉強は再開せず、
うーん来週からがんばろう。ら、来週から。

Hさんがよいと言っていた阿部和重の小説は
以前に読んだとき何というかちょっと男くさいというかそんな感じで敬遠していたのですが、
今回改めて読んでみるとなぜ昔放棄したのか謎なくらい面白く、
ものの感じ方はそりゃ変わっていくだろうと頭ではわかっているつもりでも
実感する機会というのはそんなにないので
こういうのが本を読むのの楽しいところですね。

夏休みに読んだ本、観た映画。

『決壊』『顔のない裸体たち』平野敬一郎
『告白』町田康
『グランド・フィナーレ』阿部和重
『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ

『川の底からこんにちは』
『マザーウォーター』


慰め上手

  • Day:2011.08.16 22:26
  • Cat:ほか
最近へこんだこと その1

 パーマをかけたのに、かからなかったこと。
 翌週勇気を出して直してもらったのに、やっぱりいまいちだったこと。

最近へこんだこと その2
 
 明日遠足に行くんだけど熱中症になるかねえ、と弟に話したところ、
 そうだねえ、帽子かぶっていけば?と言われたので、
 でもお姉ちゃん頭でかいから入る帽子がないがよ、と言ったら
 あ、そうか。と言われて会話が終わったこと。

上記に対する弟の慰め その1

 お姉ちゃん、ゴリラって血液型みんなB型なんだって。
 ちなみに私はB型です。
 笑ったけど。それは慰めなのだろうか。

上記に対する弟の慰め その2

 お姉ちゃん、菅野美穂に似てるって言われたことない?
 ないよ!今まで生きてきて1回もないよ!
 あれ?でもほら、もうちょっと目がつって、もうちょっとここがこうで…あそこがああだったら…
 →それはつまり、似てないってことだよ!

 でもナイス慰め!

場違い親子

  • Day:2011.08.09 00:59
  • Cat:ほか
父との待ち合わせにアンナミラーズに入って一瞬で後悔、
あそこそういやああいう制服でしたね。

あわわわわ

と思ってひやひやしていたのは私だけで、
当の父はウェイトレスの女子らのミニスカートにも巨乳にもまったく動じず
「昼が立ち食いそばだったから腹がへった」と言って
この後晩ごはんを食べるというのにでっかいアップルパイを所望、
半分こしようね、と言って注文したにもかかわらず
ほとんど自分ひとりでわしわし食べてしまい、
食べ終わったら「じゃあご飯行こう」と言って店を出るという迅速さ。
お父さん勝手に取り乱して不謹慎な娘ですみません。

念願の読書が解禁ということで
平野啓一郎の『決壊』が文庫になっていたので再読しているのですが、
うん、うううううん、感想はまた後日。
読むだけで苦しい。

うどんデビュー

  • Day:2011.07.31 00:25
  • Cat:ほか
食べても食べても腹がへります。
大丈夫だろうか。

予備校にいる時はおにぎりとかパンばかり食べていたのですが、
最近もう食べすぎて飽きてきたので
今日は立ち食いうどん的なファストフードならぬファストうどん的な
店に入ってうどんを食べてみました。

店内の客、誰ひとりとして連れがおらず、
誰も何も喋らずうどんをすするズルズルという音だけが響きわたる中、
静かすぎてこみあげてくる笑いをこらえながら食べていたら
途中で隣に座ってきたかわいい女の子もまたズルズルと一心不乱にうどんをすすりだし

なんだこの状況!

とひとりで盛り上がってしまいました。

あー

かわいかった。
おいしかった。

弁当、出産、お父さん

  • Day:2011.07.28 19:03
  • Cat:ほか
今日の発見。

体に力が入らなくなってきたので衝動的にとんかつ弁当を購入。
弁当というものをめったに買わないので知りませんでしたが、
ちゃんとご飯はほかほかに、とんかつはさくさくに、キャベツは冷たく
してあるんですね。ちょっと感動しました。プロだ。

今日のめでたいこと。

友達に2人目の子どもが生まれました。
一歩間違うと友達もできずに勉強ばかりしていたかもしれなかった高校生活が
風邪引いて休むのすら嫌なくらい楽しい時間になった
そのきっかけを作ってくれた尊敬する友達なので、
とてもとてもすごくおめでとう!と思ったのですが、
想像力の足りない私は単におめでとうを連発するあほのようなメールを送ってしまいました。
Nちゃんおめでとう!しつこくてすまん!

今日笑ったこと。

向かいのマンションの駐車場でお父さんと一緒に車から降りてきた女の子が
「パパありがとう!」
「パパーありがとーー!」
「パーパー送ってくれてあーりーがーとーおおおーーー!!」と絶叫。
あんなに言われたらお父さんも送りがいありますねえ。

もしもの連絡網

  • Day:2011.07.19 22:11
  • Cat:ほか
原田芳雄さんが亡くなって悲しい。
とても好きだったのですが。

もし私が不慮の事故なんかで死んだとしたら、
家族以外の親しい友達や昔の同僚にそのことが伝わるのに
どれくらいの時間がかかるのだろうかなぁというのを
けっこうしょっちゅう考えます。

職場の人なんて誰とも親しくはないですがたぶん即日伝わって、
本当に伝わってほしい人たちには意外と全然伝わらないんじゃないですかね。

携帯電話が無事であれば
落ち着いた頃に家族がメモリに入っている人には連絡してくれるかもしれませんが、
携帯ごと死んじゃった場合はたぶん誰にも連絡が行かないんだろうなと思います。

うーん。

と思ってもしもの時のために
自分が死んだらこの人とこの人には教えてね、
という何かを作っておいた方がいいのではないかと考え
死の連絡網の作成に乗り出そうとした時期もありましたが、
暗すぎるということにはたと気づいてやめました。

よく考えたらどうやってあんだけたくさんの人が葬式に集まってるのやら
世の中で当たり前に行われていることの裏側を自分は全然知らないのでした。

試験が終わったら「父と暮せば」を観よう。

規格外その2

  • Day:2011.07.18 00:05
  • Cat:ほか
カチュームというのをご存知でしょうか。

女子は知っていると思いますが
男性はあんまり聞いたことないですかね、
要は細めのひも状のヘアバンドのようなこんなもので、



美容院に行けないため伸び放題の髪をどうにかしようと先日購入し、
適当にまとめ髪にした頭にこれをつけるとなぜかいい感じに見えるような気がする
という素敵な代物。

そんなわけでこれをつけて若干テンションを上げていたら
昨日今日と妙な頭痛がするので
勉強のしすぎかなぁ、げへへがんばってるなぁ私、
と痛い頭にロキソニン等を投与しつつ自己満足に浸っていたのですが、
今日の夕方ちょっとこのカチュームを外してみたところ、
その頭の解放感たるや、何といいますか、
三蔵法師に許してもらった時の孫悟空の気分とはこんな感じだろうか。

頭痛も何のことはない、
勉強のしすぎでもなんでもなく
この輪っかがきつかっただけではないか。

知ってたけど、やっぱり頭でかいんだなあ。

知ってたけど。

哀しい規格外

  • Day:2011.07.16 21:05
  • Cat:ほか
うるさい場所でも勉強しやすいようにと
今さらながら耳栓を購入。

人生初の耳栓にやや浮かれつつ、
予想をはるかに凌駕する柔らかさの耳栓にびびりながら
「ロール状にねじった状態で耳に差しこみ膨らむまで手を添えてお待ちください」
という説明書の指示に従って装着し、膨らむまで待ってそっと手を離すと、

→膨らみ終えると同時に耳から出る。


何度やっても無駄でした。
どうやら耳の穴が基準より小さいようです。

何だよ。
頭も背丈も手足もでかいのになんでそこだけ小さいんだよ。

まあ穴が小さいということは
穴を構成する皮膚その他が結局大きいということなのかもしれませんが、
久しぶりにいらいらしました。


ビール飲みたい。

今日の活力

  • Day:2011.07.15 23:36
  • Cat:ほか
活力その1

チオビタドリンクのCMの菅野美穂が激烈にかわいいですねえ。



軍手の指の余り具合がたまりません。
こんな彼女がいたら何でもがんばれる気がする。



活力その2

トーク番組に出ている石田ゆり子がすばらしく綺麗ですねえ。
10歳も上なんて思えません。
何を食べたらあんな40代になれるのだろうか。
あんな40代になれたら還暦までの労働人生も乗り切れる気がする。



あー

もはやきれいな女の人を見ることだけがストレス解消です。

がんばります。


厄年下半期

  • Day:2011.07.11 21:27
  • Cat:ほか
さっき帰りに前を歩いていたおばあさんが
神社の前で一瞬立ち止まって境内に向かって軽く会釈をしたのを見て、
それがあまりに軽やかな会釈だったので
ああこれは今日だけじゃなくて通るたびにやってるんだろうなあと思い、

心が洗われるような気分で家に帰ってきてとりあえず
先日の地震で壁から落下してそのままになっていた厄除けのお札を
しかるべき方角に設置しなおしました。
神様4ヶ月も放置してすみません。1年の3分の1ではないか。

気づいたら本厄の1年も半分が終わってしまい、
年始にびびっていたほど苦しいことや辛いことがあったわけでもなく、
何か大事なものをなくしたかなあと考えてみても何もなくしていない、
これはとても幸せなことなのであって、

最近本来の人づきあいの悪さに拍車がかかっている私に
相変わらず優しくしてくれる友達に、ひたすら感謝です。
喉元すぎたら忘れてしまわないとやってられないこともありますが、
忘れてはいけないことも同じくらいたくさんありますね。

来月受ける税理士試験のためにあらゆるお誘いを断り続けているにもかかわらず、
あんまり連絡してないけど応援してるよ、というメールをくれる友達が最近多く、
そんな連絡をもらうたびにきゅんときて、このままではきゅん死してしまいそうです。

はー。
ありがたすぎる。

がんばります。
来年からはこんなに切羽つまってからじゃなくて計画的に勉強します。うう。

梅雨一過

  • Day:2011.07.10 20:23
  • Cat:ほか
昨日から月がくっきりしたなあと思ったら梅雨が明けたんですね。
最近ニュースも新聞も見ないのでさっき知りました。
今年は短かったような気がします。

というわけで今日は勝手に梅雨の晴れ間だと思い込み、
ここぞとばかりにシーツを洗ったり布団を干したり
そうやって活動していると腹はへるのですが、
あまりの暑さにこれを食べたいという具体的な欲求が出てきません。

最近やることに追われていて自炊もしていないので、
落ち着いたら自炊したり本読んだり映画観たりしたいなあと欲望にまみれております。

あー
節電のせいにしていますが実際は自分の不精のせいで
家の中の植物がしおしおに枯れております。
観葉植物なんかがしおれる時は自分がしおれている時だとか言いますが、
ほんとにそうかもしれません。
うーん
でも今さらどうやったら回復するのかと途方にくれるくらい壊滅的に枯れています。
サボテンだったら枯れないのだろうか。

うちのアパートの大家さんは庭いじりの好きな人で
土日は毎週のように水をまいたり何かを植えたりしていて
暑い夏でも季節にふさわしいこんな花がアパートの裏庭にはたくさん咲いていて、
いいなあ私も草花を愛でる余裕がほしいぜ。



夜明けの鼻の穴

  • Day:2011.07.08 23:11
  • Cat:ほか
私の鼻は低いので、鼻が高い人を見ると無条件にうっとりします。

と長年思っていたのですが、
実はそのうっとりは鼻の高さに対するものではなく
鼻の穴の形に対するものであることが最近わかりました。

というのも私の鼻は低いので(しつこい)
鼻の穴が三角形ではなく、なんというかまあ丸いわけで、
なのできれいな三角形をしている鼻の穴にはオートで羨望の眼差しを向けてしまうのです。

特にいいのはあれですね、
鼻の頭の方向がいちばん鋭い角度になっているやや縦長の鋭角三角形ですね、
ああいうシュッとした鼻の穴を見るともう、
なんて美しい形状であろうかとため息が出ます。

しかしこの形状を楽しむには相手の鼻の穴をガン見できる角度に我が身を置かねばならず、
これがけっこう難しいわけですが、
運よく相手が上を向いてくれたり自分が座っている隣に立ってくれたりすると
いいですねえ、そのままそのまま、と内心祈りつつ短いその時間を堪能するわけです。
親しい皆様、もっと私の前で鼻の穴を見せてください。

ところで先週末、
母親が上京していたので母と弟がうちに泊まったのですが、
翌朝早めに目が覚めたので薄暗い中でぼーっと二人の寝顔を見ていたら、
なんとまあ二人とも私とまるで同じようなまんまるの鼻の穴を備えているではないですか。

遺伝ってすごい。
血のつながりとはこんなところにも出るものか。

と思うとともに、
今まであんまり好きじゃなかった自分の鼻の穴を
まあこれはこれでいいじゃないかと思いつつ、二度寝しました。


ちなみに全然関係ないですけど
ブログ再開についてもろもろA子ありがとう!


ときめきの源泉

  • Day:2011.07.04 20:57
  • Cat:ほか
帰りに寄ったお総菜屋の店員女子がかわいすぎて元気が出ました。

私がかわいい女の子に反応してしまうのは、
たぶん自分が22歳から26歳という
一般的にいうところの「女の子のいちばんいい時期」を
今より体重プラス10キロぐらい&顔は吹き出物で崩壊、
という悲しい身体で過ごしたからだと思うのですが、

あ、わかりにくいですね、つまり、
あの頃私もこんなだったらなあ、的な視点と
でもまぁあれもいい思い出よ、的な勝手な美化フィルターに濾過された追懐が
入り混じった気持ちで女の子を見てしまうからだと思うわけです。

しかしそうだとすると、
もしあの頃ふつうに一般的な外見だったとしたら
今頃私は女の子にときめく心を持たないつまらん奴になっていたかもしれず、
そんなんでは人生の楽しみを5分の1くらい失っているも同然であるので、
うん、ということはやっぱり、
あの頃の10キロの肉塊も無駄ではなかったのだな、
とね、思います。

思います。

たぶん。

マクロへの憧れ

  • Day:2011.07.03 05:08
  • Cat:ほか
マクロな視点というのが持てないまま三十余年が経ちました。

ひとりで生きているとほとんど困らないのですが
人に交じるととたんに肩身が狭くなるのがこのマクロ、
というのも私はこの視点の欠如のせいで、
ジブリ映画もスターウオーズもガンダムもバガボンドも村上春樹もワンピースも

え?
あれ?
今これ、何が問題なんだっけ?

という
熱心なファンの前では口が裂けても言えないような疑問だけが脳内を駆け回り、
まったく理解不能のまま時間だけが過ぎていき、
よかったねえとか感動したあとかいう周りの声に
うんうん、うんうんうんうん、ととりあえずうなずくことしかできない
という醜態を曝し続けてきたのです。

上に列記した諸々に共通するのはなんというかこう、
壮大なロマンと言いますかガバッとした大枠の対立構造なんかがまずあって
それを軸に話が進んでいくという流れなのではないかと
いまだ理解できていない私の感想なのであてにはなりませんが
まあそんなふうに漠然とは感じているわけですが、

私はまさにその、大枠というか前提というか
誰は何のために誰と敵対していて物語全体としてはこういう世界観を目指しているのだよ
という、その話を読んだり観たりするにあたっての基本中の基本を
ほとんど理解できないわけです。

で、
最初はそのわからない部分を解決しようと問いを立てたりするのですが、
あまりにわからないためにそのうちどうでもいい枝葉末節にのみ着目、

ジブリ映画であれば
 「ししがみ殺すとなんかいいことあんの?」→「美輪明宏って作品ごとに男声と女声使い分けててすごい」
スターウオーズであれば
 「この人誰の仲間だったっけ…」のループ
ガンダムであれば
 「エウーゴって何だったっけ?云々」→「あ、フォームラサメ可愛い」
バガボンドであれば
 「この人敵だったっけ味方だったっけ」のループ→「うーん、おつう可愛い」
村上春樹であれば
  →どの小説にどの主人公が出てきてどういう話になるんだったか全部ごちゃまぜ
ワンピースに至っては
  →寝る

という体たらく、
ああもう上記のファンの皆様、大変申し訳ございません。

いやよいやよも好きのうち、と言いますが、
それが何となくわかるなあと思うのは、
こういう理解不能なものの前では好きも嫌いもないというか、
好き/嫌いという概念は、わかる/わからないという概念を突破したのちに現れる壁である
というのを上記作品をひょんなことから目にした時にいつも感じ、
まず理解ができないと好きにも嫌いにもなれんよなあと思うわけです。

あー
ものごとを俯瞰できる30代になりたい。


突然

  • Day:2011.07.02 22:00
  • Cat:ほか
大好きな友達から酔っぱらい電話がかかってきて
なんというか大変きゅんときました。
ふだんそんなに頻繁に連絡を取る友達ではないのですが、
なんかもう非常にきゅんときて
大学時代の友達なのに(同郷じゃないのに)
思わず方言丸出しで喋ってしまいました。

酔っぱらって電話しちゃった、
というやつを私はやったことがありませんが、
やられてきゅんとこない場合、
たぶんその相手のことは好きじゃないのでしょう。

うーん
私も誰かにやってみたい。

いつも突然やめたり始めたりしてすみません。

朴訥アナーキー

  • Day:2011.04.08 20:21
  • Cat:ほか
弟が避難してきてから早1ヶ月、
何の不自由も不具合もなく同居しております。

友達に話すと、仲いいねえ、としみじみ言われるのですが、
特に何かを話すわけでもなく、でも喧嘩する理由もないので、
仲がいいとか悪いとかいう概念外のところで淡々と暮らしております。

しかし、
一人じゃないと思うと何となく
ご飯のおかずを増やしたり栄養バランスをよくしたりして
結果としてお互いに口内炎だの風邪だのが治ったりするというのは同居のいいところで、
今や食事もお風呂も全部終わって本を読んでいると
23時前後に弟が帰ってきて黙って風呂に入るのでその間にご飯を温めて
弟が食べているあいだ20分くらい話をしてそのまま就寝、
というのが定番のリズムになりつつあります。地味。

朝は8時前に私が家を出る時にも弟はまだ寝ているので、
何時に起きてんの?と先日尋ねたところ、
うーんほんとは8時半、なんだけど今日は起きたら10時だった、
と平気な顔で飯を噛みながら宣うので
え?10時?遅刻?とびっくりして聞くと、
うん、2月も遅刻しててさ毎日、そんで有休がなくなったから今日のは欠勤、
とこれまた穏やかに言い放つ弟。

本当に血がつながっているのだろうか。
と疑いたくなるくらいの性格の違いっぷりです。

あんまりやったらクビになるよさ、とふざけて言ってみると、
うん、2月は毎日だったからさすがに社長に呼び出されてがられた(怒られた)、
そんで呼び出されたのにまた遅刻したから今度は懲戒だって、
始末書書かんといかんのだった、そうだ忘れてた、とのこと。

ええー・・・

遅刻で懲戒って、
姉ちゃん丸8年働いてるけど聞いたことないよ。
マイルドな顔してなんてアナーキーな奴なんだ。

しばし驚いて盛り上がった後、
しかし意外と会社ってクビにならないんだね、と言うと、
うん、まあ遅刻はするけど行ったらちゃんと働いてるからね、
と当たり前すぎる返事をする弟を見ながら、
よし、なんかいろいろ大丈夫かもしれない、と妙な勇気がわきました。

異文化交流ってすばらしい。


エコ節電

  • Day:2011.03.23 23:50
  • Cat:ほか
エアコンや暖房の使用を控えているここ数日、
しかし我が家は古いので、すきま風でけっこう寒い。

というわけで、夜間の防寒対策として最近やっているのが

パジャマのズボンの裾をハイソックスにinして寝る

という方法。
まじで!と思う暖かさですので皆様ぜひお試しを。

初日あまりの効果に興奮して弟に

「見てん見てん」(訳:見てよ見てよ)

と面白おかしく見せたところ

「・・・うふふ」

と笑顔による諌めを受けました。

うーん。
大人になったのう。
姉ちゃんさびしいよ。

変わらぬしあわせ

  • Day:2011.03.21 23:23
  • Cat:ほか
19歳の時に書いた大学のサークルの自己紹介を12年ぶりに見たら、
趣味・好きな食べもの・将来の夢 が、ぜんぶ今と同じでした。

なんて進歩のない・・・

と思いましたが、
将来の夢なんて中学生くらいから思っていた夢で、
そう思うと20年近くもそれを脅かされずに生きてこられたなんて
自分は幸せだったんだなあと思いました。

ちなみに

趣味:散歩・鼻唄
好きな食べもの:豆腐

でした。金のかからなさも不変。

来週はもう少し安心が増えるといいなあ。

久々づくし

  • Day:2011.03.14 22:33
  • Cat:ほか
海抜がマイナスの都内某所に住んでいる弟が、
区から警報が出ているということでうちに避難してきたのが土曜の午後。

10日前に会ったばかりなのに何やら様子がおかしいので
会うなりしげしげと顔を見てみると、
どうやら極度の花粉症で顔全体がかゆそうになっている模様、
本人も「か・・顔が・・・」とか「め・・目が・・・」とか「は・・鼻が・・・」とか
そんなに辛いんだったら素直に病院に行きなさい。

とまあそんな弟とゆっくり一緒にいるというのは
私が上京して以来なのでなんと13年ぶり。

スーパーも商店街も軒並み閉まっている弱小な我が町で開いている店を探したり
安い豚肉のカレーを作って「こういう時はやっぱりカレーだねえ」と言いながら食べたり
余震にびびったり弟の引越し先を探したりニコニコ動画を見たりする中に
花粉症等で乾燥した顔面へ化粧水の使用を勧めてみたりと若干の女子会的要素も挟みつつ、
楽しく暮らしております。

物が売ってなかったり電車が動いてなかったりといろいろありますが、
できることをできる範囲でやるしかなく、
こういう時にこそ笑おうとはよく聞く言葉で、
あれは笑っていれば楽しくなるからだと思っていましたが、
笑ってれば不意に楽しいことが起きた時にちゃんと笑えるから、
なんではないかと今回のことで思いました。
泣いてる暇があったら笑おう、と毎日かあさんも言っていました。

弟の引越し先も間取り大好きな私の趣味的活動の末とんとん拍子で決まり、
うーん姉らしいことしたの20年ぶりだなぁと自己満足に浸ったりしましたが、
一度家に帰って着替えを持ってきたのにそれが全部着用済み未洗濯のものだった弟と
確定申告を言い訳に洗濯物を溜めていた私、
その結果土曜の午後に大量の洗濯を行った私たちは、
姉と弟というより完全にオッサン2人組の様相を呈しておりました。

うーん
明日も改札を通るのに2時間半も並ぶのかと思うとやや気が遠くなりますが、
東京電力もきっとがんばっているはずで、
停電が予定どおりいかなかったからって文句を言っちゃいかん、と思うのです。
いやまぁもっと早く決めろよとか何とかあるだろうなとも思うのですが、
現場は予定どおりにいかないのが当然だと思うのです、それもこんな非常時に。
だいたい文句言ったところで何かがいい方に変わるわけでもないですからね。

というわけで、
明日も冷凍庫にタオルを詰めてカレーを食べてがんばるぞ。

天災一過

  • Day:2011.03.12 10:50
  • Cat:ほか
おはようございます。
ちゃんと生きております。
確定申告も無事終わりました。

しかしものすごい地震でしたね。
みなさま無事でしたでしょうか。
私の職場が入っているビルは激しく古いので、
ジョジョの奇妙な冒険ばりにゴゴゴゴゴゴゴと冗談みたいに揺れました。
外に出ると電信柱も電線もぶらんぶらんに揺れていました。

あんなに揺れると、
いいんだっけ?
ここで死んでしまう可能性もある今、
自分はここにいたかったんだっけ?
どうなりたかったんだっけ?
あの人とあの人とあの人とあの人に会いたかったなあ、
とかいろんな気持ちがめくるめきますね。
あんな非常時に思い出してしまうなんてすごい、
と思わず某ISKWさんを尊敬してしまいそうになった天災、いろんな意味で恐ろしい。

東北にはもっとすごい被害を受けた人がたくさんいるというのは
テレビで見て頭ではわかるのですが、
実際に心配なのはいつも自分の気持ちの届く範囲の人たちの安否ばっかりで、
こんな時でも自分は相変わらず自己中であることよ、と思うのですが、
でもやっぱり親しい人たちの無事を確認した時にはほっとしました。

今回いちばん危険に近いところにいたのは最初の会社で一緒に働いていた先輩Nさんで、
たまたまおととい電話がかかってきて金曜は出張で仙台だと言っていたので、
揺れ続ける地面で茫然としながら
あれ?あの人いま仙台じゃん!と焦るも連絡はとれず、
あーあの人そういえば阪神大震災にも被災したって言ってたなあ、
どうしようどうしよう無事でありますように、とメールを送り続けていたら
23時頃になってようやくメールがきました。あー。よかった。

曰く、
・人生二度目の地震なので揺れ始めた瞬間に仙台を脱出した。
・今は福島の避難所にいてとりあえず無事。
とのことで、
いつ帰って来れるのやらわかりませんが、よかった。

そんなわけで余震も続いてなかなか寝るのも怖いですが、
皆様お気をつけて。

西東京にお住まいの方でうちの近くまで来て動けなくなった場合は
古くて耐震面ではやや不安ですが今のところ何とか問題なく
床面積だけはありますし家主もほとんど家におりますので
いつでもご連絡ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。