上村さん

  • Day:2005.08.31 21:22
  • Cat:ほか
ここ1ヶ月くらいほぼ毎日夜ご飯に食べているのが某コンビニの「ひじきと枝豆の鶏サラダ」と「豆とひじきのなんとかご飯」というおにぎりなんですが、近所にあるそのコンビニに私がそれらを買いに行く時間帯に、約90%の割合でレジを担当しているのが、上村さんという男性です。

こいつ毎日こればっかだよなーとか、構成要素も枝豆とひじきと鶏肉でかぶりまくってんじゃんとか、毎日割り箸付けさせんなよなーとか、それはもういろんなことをその上村さんに思われているのではないかと気が気じゃないんですが、それでも止められないこの組み合わせの晩ご飯。ちょっと味覚馬鹿なんじゃないだろうかとも思われてるんじゃないだろうか。

まあ、上村さんが私の毎晩の食事内容を知ってる代わりに、私は上村さんが上村さんという名前だということを知ってるので(ネームプレート付けてるからね)、個人情報の漏れっぷりという点ではお互い様かなーと思わないでもないですが、10回に1回くらい上村さんじゃない人がレジに立ってるとそりゃもう嬉しくて、意気揚々・威風堂々と私はレジに向かえます。

はー。食糧ぐらい誰にも気を遣わずに手に入れたい。

なんつって、でもコンビニの客なんて1日数え切れないくらい来るんだろうから上村さんもきっと私のことなんか認識してないのかもしれませんが。

どうなんですかね上村さん。と一度聞いてみたい。
スポンサーサイト

スイカの旅

  • Day:2005.08.28 19:22
  • Cat:ほか
JR東日本かスイカかどっちかのCMで、女の子とペンギンが電車に乗って海に行ってケーキをほおばるCMがありますが、このあいだからあれをやりたくて、ついに今日行ってきました。

ちょうど土曜の夜に悲しいできごともあり、ほとんど眠れなかったので、ベタだけど海を見て癒されよう、とガラにもなくしんみりと出発したのですが、電車好きの私は東京駅から東海道線のボックス席に座ったとたんにわくわくしてしまい、海が見え始める茅ヶ崎あたりまでそのまま約2時間近く、お年寄りに席を譲ることすらせず、小学生のように窓に張りついたままで過ごしてしまいました。

CMで出てくる駅は早川という所なんですが、いざ早川に着いて電車の窓から見るとどうも海まで遠そうだったので、もう1つ先に行ってみよう、と思い続けていたらいつの間にか終点の熱海まで行ってしまい、仕方ないので一旦降りるとそこには温泉目当てのおばさんがわらわらわらわらしており(なんでおじさんはいないんだろうか)、なんか一気にげんなりしたのですぐに折り返しの電車に乗って、結局駅から海までが一番近そうな国府津という駅で降りました。

私の目算は当たっていて、駅から5分も歩くともう海で、一応海水浴場という看板なんかが立ってはいましたが全然人はいなくて、ラッキー♪と思ってそのまま砂浜に下りたところ、いい感じのでっかい石があったのでそこに登って体育座りをしてMDを聴きながら3時間くらいそこにいました。暑かったのでCMのようにケーキ丸かじりって気分にはさすがになれませんでしたが、がりがり君がうまかった。

途中、どこから出現したのやら、地元の21歳という風貌の男子に「ねぇねぇ今1人?」などと今までテレビか漫画でしか聞いたことのないありがたいセリフで声をかけていただいたりしましたが、ひたすら黙っていたらその人も去り、気づいたら雨も降りそうになっていたので、まだ帰りたくなかったけど帰ってきました。

また行きたいなー。

ひらがなとカタカナの罪

  • Day:2005.08.27 12:12
  • Cat:ほか
小学生の頃、マリアナ海峡をマラリア海峡だと思っていました。
テストで出た時、自信満々でマラリア海峡と書いたところ、当然ですがペケを付けられ、その隣に「マラリアは病気です」と書かれていました。

これまた小学生の頃、がんじがらめをがんがらじめと言っていました。

そなえあればうれいなし、は、そなえあればうれしいな、だと思っていました。

バチカン王国を習った時は、バカチンみたい…と教科書を見るたび1人でププーと思っていたらテストでもバカチンと書いて母親に怒られました。

今、テレビを見ていたら「マリアナ海峡」が出てきたので、思い出しました。
日本語はおもしろい。

ぷぷぷ

  • Day:2005.08.24 22:35
  • Cat:ほか
今、自分のブログでおもしろいことが起きてました。

知らない人から下ネタ系のコメントが入っていたんです。

内容がかなり気持ち悪かったのですぐに削除しましたが、やっぱりタイトルの「OL」を変な方向から検索して辿り着いてしまう人がいるのかもしれません。だからってタイトルを変えるつもりはないので別にいいんですが、それにしてもああいうコメントを書く人というのはどういう顔して書いてるんでしょうか。何らかのフラストレーションで精神的につんのめってんのか?その様子を想像すると申し訳ないけど笑える。

ちなみに私の弟はHPの掲示板にそういう書き込みがあっても普通に返信したりしています。前に2ちゃんばりの「某アイドルのヌード流出!」みたいなURL付きの書き込みに対し「そういえば最近あのアイドル見かけませんね」とかコメント返してました。その精神、動かざること山の如し。

取って付けたような

  • Day:2005.08.23 22:00
  • Cat:働く
今日は14時前頃に通り雨に遭いました。

14時からお客さんの所で打合せだったんですが、駅を出たらもう降っていて全然止みそうになかったので、駅から打合せ場所までは走っても3分あって絶対びしょ濡れになるなーと思い、とりあえずジャケットだけちゃんと濡れてなければ大丈夫だと思って濡れないように畳んで鞄に入れて目的地まで走りました。

着いたら案の定びしょびしょだったので、とりあえずハンカチでふきまくって乾いたジャケット着れば何とかなるだろうと思ってそうしたんですが、甘かった。前髪は風呂上がりみたいにぺったり額に貼りついてるし、スカートも濡れて色が変わってて、そこに突然ジャケットだけ乾いてるからスーツの上下で色が違うし、でも約束の時間になってしまったので、そのちゃらんぽらんで不自然極まりない格好でお客さんの所に行ったんですが、開口一番「あらー雨に降られたんですか」とバレてしまい、せっかくの苦労が水の泡でした。

はー。むなしい。
そんな瞬時に気づかれるんならどっちかって言えばジャケットも濡れてるほうがよかった…。

社会人に折り畳み傘は必須ですね。

悲しすぎます

  • Day:2005.08.23 09:23
  • Cat:ほか
今日は午前休をとりました。
日曜の夜は完全徹夜で現場を収め、月曜は半開きの目で新オフィスのオープンに立ち会って、19時頃家に帰って爆睡して、そのまま12時間くらい寝たらしいです。

目が覚めて携帯に届いていたメールを見て、唖然としました。
高校の時からの友達が、10月1日付けで東京から神戸に転勤になるそうです。

なんかもう、悲しすぎます。
別に毎日会っていたわけでもないし、神戸に行っても電話もできるし、今とあんまり変わらないのかもしれないんですが、はー。悲しい。

2ヶ月前、小学校の頃からの友達がドイツに留学したときも、それまでその子は鹿児島にいたのでドイツに行ったって離れていることには変わらないのにこういう気持ちになって、それ以来今回でこの悲しさは2回目です。

高校卒業して上京するときなんて全っ然さみしくも悲しくもなかったのに。もう歳なんだろうか。失恋ならおいおい泣いて発散できるけど、こういう状況はいかんともしがたい。

うー。

直感人生を止めたい

  • Day:2005.08.18 22:05
  • Cat:ほか
来年4月から通う学校を選ぶために片っ端から資料請求をしていたら、毎日2通ずつくらいのペースでどんどん届くようになってしまいました。

なのでとりあえず片っ端から見てはいるんですが、実は。

自分でも最近気が付きましたが、私は複数のものを客観的に比較検討して選ぶというのが下手、と言うか出来たためしがない、と言うかそもそも何かを選ぶ時にそういう心構えがないらしい。これは別に度胸があるとかそういうわけではなく、単に比較検討するのがめんどくさいだけなんですが、そういうふうに直感で何かを買ってしまってもあまりこだわらずにそのまま使ったりやりすごしたりすることが多いからか、それに何より、今までの人生ではそんなふうな衝動買いの結果後悔したりするほどの高額を自分の懐から払ったことがないので、いまひとつ反省もしないまま現在に至っているわけです。だから例えばデジカメとか車とかをよーく検討して買っている人を見ると、それだけでもう尊敬の対象になってしまいます。

でも今回の学校選びはさすがに直感だけで選ぶってわけにもいきません。だってたぶん100万は越える学費を払うわけで、それは私の3年間の肉体労働の、まさに汗と涙の結晶なわけです。私はこう言っちゃ語弊があるかもしれませんが精神的には恐らくMなので、汗と涙を流せば何とかなるような分野のことは何とかできる自信がありますが、学校選びを間違ったらもうそんな根性論じゃどうにもならん。

うーん。

とまあこんなことを書いたところで、じゃあ何を基準に学校を選べばいいのかなんてやっぱり全然わからず、結局直感で選んでしまいそうですが、とりあえず行ける限りの体験授業に行ってみようと思います。

まあでも行ったら行ったでやっぱり、その時見た講師がいい感じだとかそんな理由で選んでしまいそうです。三つ子の魂百までとはよく言ったもんだ。しかし行く前からこんなんでどうするんだ。なんかもう結婚相手もマイホームも全部こんなふうに選んでしまいそうで恐ろしいです。よかったら誰か止めてください。

3万でどうもこうも

  • Day:2005.08.15 17:26
  • Cat:ほか
今日は休みをもらえたので、映画を観に行くことにしました。

渋谷の駅から映画館を目指して歩いていると、どうも左肩のあたりが生温かく、横目で見るとスーツ姿のおじさん(推定年齢48歳)が私のすぐ横を歩いていました。あまりに近かったので、うわ何だ?!と思って立ち止まると、そのおじさんはとても爽やかに、まるで仕事帰りに同僚に「一杯行っとくか!」と言うような感じで「どうですか、3万で?」と言い、いきなり私の二の腕を掴むじゃありませんか。

ぎゃああぁあぁあぁぁー何この人ー!!!!

と思ったような気がします。あんまり覚えてませんが。
おかげで映画のことなんか忘れて大急ぎで帰ってきてしまいました。

しかしその時は恐かったけど、3万って何だよ。

ちなみにそのおじさん、見た目はとっても普通で、2人くらい娘がいそうな感じでした。
こんなお盆の真っ最中に何があったんだろうか。

魅惑のチャック

  • Day:2005.08.14 19:12
  • Cat:見る
さっき近所ですごいものを見ました。

今時こんなものどこで売ってるんだろうと思わずにいられない、膝上25cm、いや股下5cmと言った方が近いかもしれないミニスカートをはいた女の人が、そんな格好じゃどうやったって馴染めない板橋のしょぼい商店街を歩く歩く、しかもそのスカート、後ろから見るとお尻の真ん中に沿ってファスナーが付いていて、さらにそのファスナーの取っ手(とは言わないかもしれませんが正しい日本語がわかりません)の部分がスカートの裾でプラプラしていて、ひぃーこんなの北条司の漫画でしか見たことないよーと思って思わず目を逸らすと、その辺にいたおじさん及びおじいさん、果てはおばさんまで、ほとんどの人がその人のお尻に注目していました。

すげぇ。
あのスカートもさることながら、一瞬とは言えこれだけの民意を惹きつけたということがすごい。

と感動のあまりドキドキしていたら、後ろでおじさんが「あらまっチャックが!」と言っていました。

ファスナーじゃなくてチャックって言うとあんまりいやらしくないのは何故だ。

深夜のお友達

  • Day:2005.08.11 03:07
  • Cat:見る
やばい。

気づいたらもうすぐ3時です。寝なければ。

私は残業の多い会社で働いているので、タクシーで帰ってきてお風呂に入るとこれくらいの時間になっていることがよくあるのですが、さっさと寝ればいいものをついつい夜更かししてしまいます。

そして今もそうですが、夜更かしして何をしているかと言うと、何のことはない、単にテレビを見ています。チャンネルはいつも同じで、テレビ朝日の通販番組です。

平均すると週に2〜3日同じ時間帯に見ていますが、どうやら時間帯ごとに宣伝物が決まっているらしく、大体毎回同じ内容を放送しています。出演者は、テレ朝のアナウンサーらしき人2人と、山田まりやと、ダチョウ倶楽部の上島でもリーダーでもないもう1人の人です。このキャスティング。絶妙です。

内容で私が好きなのがダイエット食品(プロテインみたいな粉を水に溶かして飲むと痩せるというもの)の宣伝です。それを使って痩せた人の2週間ドキュメンタリーVTRが流れるんですが、そこには、たった2週間で3キロも痩せた!と言って涙まで流して歓喜する人々が出演していて、それを見ていると、その人がそのVTRへの出演依頼を受けてギャラの説明を受けて承諾して撮影に臨んで、という、歓喜の涙とは相容れないとっても事務的な一連の流れを想像してしまい、なんとも可笑しい。使用前と使用後のお腹周りの写真なんかもVTRでは流されるんですが、正直、使用後も同じですがな!って感じだったりするのです。そりゃそうです、たった3キロでそんな変わるかっつーの。

とにかくあのVTRへの出演費を知りたくてたまりません。

ええと言えれば

  • Day:2005.08.10 00:31
  • Cat:働く
1年くらい前でしょうか。

仕事の電話とかで話し相手に「ええ」という相槌を打つようになり、そのことを自覚した頃、あぁ私社会人になったんだなーとしみじみ思った記憶がありますが、それ以来ずっと私を悩ませている問題が1つあります。

もちろんそれまでの人生においては自分が聞き役の際の相槌と言えば「はい」であったわけで、そんな奴が周りの先輩方の電話っぷりを聞いて「なんか、ええの方がかっこいいよな」とか思って無理に「ええ」と言っているわけなので、ついつい「は」と発声する準備が整った口で「ええ」と言おうとしてしまうことになり、結果、勢い余って「へえ」と相槌を打ってしまうのです。

まあ、電話の相手は自分も喋っているので私がそんな激しい相槌を打ったことにはほとんど気づかないんですが、恥ずかしいのはむしろ周りで私の電話を聞いている同じ会社の人たちに対してです。時々、それはもうくっきりはっきりと「へえ」と言ってしまった時などは即座に逃げたくなりますが、電話してるのでそうもいきません。電話を切ってから「お前、へえって何だよ」と誰かが言ってくれればまだ救われますが、ほとんどの場合、誰にも何にも言われません。みんな忙しいんですね。

はー。ええ、って言いたい。

あっという間に500でしたよ

  • Day:2005.08.07 19:15
  • Cat:見る
昨日の興奮が醒めないうちに、デジカメ探索に行ってきました。

今さらこんな疑問もなんですけど、デジカメの画素数っていつから500とかになったんですか?
なんか、その昔買おうかと思ってた頃って高くて300くらいだった気がするんですが、あれは何年前だったんだろうか…。

そもそも「画素」とは何ぞや?というところをよく分かってない分際で数値の上下に口出しするのもおこがましいのかもしれんが、いやぁびっくりした。とりあえず、10分くらい眺めて帰ってきてしまいました。えへ。

ところで今日は22時から『特命係長只野仁』の2時間スペシャルがあります。

私はそもそも筋肉嫌いということもあり高橋克典はとっても苦手だったんですが、このドラマではそのベタなキャラクター及びストーリーにすっかりやられ、少し前まで放送されていた特命係長リターンズもほとんど欠かさず見て、毎回その感想を上司や先輩と語り合っていました。

ちなみに今回のこの情報をどこから仕入れたかと言うと、新聞でも雑誌でもCMでもなく、昨日の深夜に上記の上司Kさんから届いた「どうでもいいけど日曜の夜10時に特命係長スペシャルでやるよ!」という携帯メールからです。私は既に寝ていたので朝起きぬけにそれを見たのですが、ほんと、素敵な上司です。明日からも1週間がんばります。

花火見てきました

  • Day:2005.08.07 10:37
  • Cat:見る
友達と3人で、戸田の花火を見てきました。

7月の調布の花火は地震で行けなかったので、今回はその分も楽しみだったんですが、いやはやほんっとにきれいでした。

開始2時間前くらいに会場に着いたんですが、すでにブルーシートでかなりの面積が埋めつくされていて、普段は工事現場で業者さんの荷物置き場として使われるあのシート、場所が変わるとこれほど羨ましく見えるとは…と思いつつ場所をとり、ビールを飲んだり焼き鳥を食べたり、花火がなくてもいいくらい楽しかったです。

花火が上がる少し前に、私たちの陣地の隣に年齢不詳気味の男性が1人、律儀な1人サイズのシートを敷いてお座りになり、友達のMっちがそれに気づいて3人でガン見してしまいましたが、その後友達2人が少し陣地を離れたとき、彼はラップに包んだ手作りのおにぎりを食べ、水筒から何やら飲んでいました。2人にすぐ報告したかったんだけど、何しろ近かったから言えんかった。そして帰り道ではすっかり言うのを忘れてました。おにぎり自分で作ったのかなぁ。戸田市民だろうか。わざわざ飯を握ってあの場に1人で来るほどの情熱が表情には1ミリも表れてなかったのが何より素敵でした。

それにしてもイベントの度に反省するんですが、私はいっつもカメラを持っていかないんです。これはもう高校の頃からそうで、ということはもう10年も反省しているはずなのに、毎回忘れます。持って行こうと思いつくことを忘れています。今回も2人はデジカメを持ってきていて、かなり羨ましかったです。なので今日はデジカメ物色に出かけようと思っています。Mっちに画像のアップ方法も教えてもらったし。次回定例にはカメラ持参しますよ。うほほ。

全然関係ないですが、先日会社で「業務時間外に業務に関係ないウェブサイトを見るな」と注意されたのですが、それではたと気づいたのが、会社のシステム担当の人は誰がどのサイトを見たかを全部調べられるのかもしれん、っていうか調べられるからこそこういう注意ができるんだよなーということです。私は最近仕事に対してやる気ゼロなので、当然のように休み時間以外にもネットを見ていて、その中にはいろんな人のブログ、及び自分のブログなんかも入っているわけですが、自分のブログってそう言えば辞めるだの何だの会社の人に見られたら非常によろしくないことも盛りだくさんなわけで、こりゃあやばい。

懲戒免職とかなったらどうしよう。

なんつってこれも見られてたりして。

うきゃー許してください。

Xデーは金曜日

  • Day:2005.08.02 02:15
  • Cat:ほか
ついにきました。






お見合い相手から電話が。ダイレクトに。

残業中、3度も知らない番号から電話が来ていたので、誰だよ?と思って3度目で出たところ、そのお方でした。22時半頃で、私は残業まっさかりでした。

早速ですが会いましょうか?職場はどこですか?と尋問のような調子で言われて四ツ谷だと答えると、それでは私(わたくし)がそちらへ出向きましょう、金曜の夜はどうでしょう、と言われ、てっきり休日の昼間に会うとばかり思っていた私は多少面食らいましたが、土曜日は花火を見に行く予定があってこれは絶対外せないし、日曜日に会うのもめんどくさいし、と思ったので金曜の19時に会うことになりました。しかも四ツ谷で。

なんか、変です。こんなの見合いなんて言うんだろうか。

そして金曜はともかくその後はどうすればいいんだろう…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。