電車男

  • Day:2006.02.28 22:07
  • Cat:ほか
ではないですが、20歳を超えてから誰かに好きだと告白するというのは、
こりゃーもう、どうやっても無理ですね。



むり。



なんつって最近では親も読んでるらしいブログに突然こんなことを書くってことは、
もちろん自分のことではなくて、今日、久々に19時台に会社を出たので
ちょっと買い物でもしようかなーと思ってブラブラしていた時に、
偶然知り合いの男女がそんなことを言い合って歩いているのを目撃した、
その2人のことなのですが、いやぁびっくりした。

幸せそうでよいことです。

まぁその2人の場合は察するにもう付き合って3ヶ月以上は経っているはずなので、
別に片思いの相手に好きだと言ってるわけじゃないと思いますが、
片思いの相手への告白というのは、これはもう、どうですか皆様。

私は中1の時に部活の先輩に告白して以来、自分からそんなことを言ったことがない、
と書いていて思い出しました、実は高1の時にもやったことがあるのでそれ以来ですが、
なんかもう、元来小心者なもので、絶対大丈夫!という確信がなければ
絶対にどうあがいても言えない気がします。あの頃は若かった。

なんて友達に相談したりすると、考えすぎだよ!などと叱られますが、
これぞ小心者のなせる業。無理ですって。

あー考えるだけで鼻血が出そう。

スポンサーサイト

後の祭り

  • Day:2006.02.27 02:13
  • Cat:ほか
今日は日曜なのに終電を逃すまで働いてしまいました。

うぐー。不本意。

ところで突然ですが、シャンプーとコンディショナーの減り具合に
いつも大きな差が出てしまい、いつもシャンプーが余ってしまいます。

それというのも4回に1回程のペースで「シャンプーを手に取ったつもりが
コンディショナーだった!」という場面に遭遇するからなのですが、
あの瞬間の空しさといったらありません。

うにゅ、と出した瞬間に、うがーこれシャンプーじゃなかった!!と分かるんですが、
その時点で手のひらには既にこんもりとコンディショナーが鎮座していて、
仕方ないのでそのまま水で流すのですが、手からはあの独特のヌルヌル感が取れず、
自分のマヌケさ加減を思い知らされているような気分になります。被害妄想?

今日も1回分のコンディショナーを流してしまいました。

環境大臣様ごめんなさい。

中央線を目指せ!

  • Day:2006.02.26 00:09
  • Cat:ほか
3日前くらいから引越し願望が急激に盛り上がり、
今日ははるばる中央線沿線のとある街まで、不動産屋めぐりに出かけました。

上京してから今まで3つの部屋に住み、
部屋選びに重視するポイントもその都度変えてみて、その結果、
自分にはいわゆるオートロックだの何だのという設備の充実よりも、
単純に陽が入って部屋が明るいということの方が大事だということが分かり、
なので今回はもう古くてもボロくてもいいから広くて陽当たりがいいことを
条件にして、雑誌を見ていたら、なんと!

30?もある1DKで、真南向きで、駅から5分、
礼1敷1で家賃も今と変わらない、という好物件が!

大興奮してその不動産屋に問い合わせたらまだ残っていると言うので、
早速出かけたのですが、行ってみたら暗い顔をした店員さんが、
「すみません、ここ審査がかなり厳しいんですが…」と仰るので何かと思えば、

「入居者・保証人ともに上場企業勤務もしくは公務員」
「夜10時以降朝までの出入りを禁ずる」
「入居者とその親族以外の出入りを禁ずる」

何ですかこれは。

聞くと大家さんが相当うるさい人らしい。
いやー。それにしてもねぇ。世の中言ったもん勝ちですな。

大企業が何だー!公務員の何が偉いんじゃー!(公務員の方ごめんなさい)
深夜まで働いてて何が悪いんじゃあぁぁぁー!!
この偏見のカタマリめ!

と思いましたが、そんな家になんか住んでやらんもんねーと思い直し、
他の物件を紹介してもらいました。
はー。弱小サラリーマン、取り乱しました。すみません。

しかし久々に部屋探しをして思いましたが、探してる時が一番楽しいですね。

私は上京してから一番長く住んだのが世田谷区〜三鷹市地区だからか、
やっぱりその辺りが落ち着きます。

安くていい部屋あるといいなぁ。

憩いの苗字

  • Day:2006.02.23 02:59
  • Cat:見る
今日は23時頃までは終電で帰ろうと粘りましたが、やっぱりだめでした。
いつになったらこの状態から抜け出せるものやら。

そんなこんなで23時過ぎ、空腹に耐えかねて後輩のM君と一緒に
近くのコンビニにご飯を買いに行ったのですが、
そこでレジ打ちをしていた店員さんの名前に、
残業の疲れも空腹も一瞬吹き飛んでしまいました。

その名も、『やまもり』。

何でコンビニの店員さんのネームプレートはひらがななんでしょうか。

山森さんだか山守さんだか分かりませんが、ひらがなで書かれちゃもう、
こんもり大盛り(しかもホカホカ)なご飯の感じしか想像しないわけで、
彼がレジを打ってお釣りを返してくれる短い時間すら笑いを我慢できず、
かなりのニヤニヤを無理やり噛み殺すという妙な表情によって
恐らくやまもりさんに不気味な思いをさせたと思います。ごめんなさい。

帰り道、我慢の限界に達して、1人でゲラゲラ笑いながら
「今の店員さん、やまもりって名前だったー!ひらがなで書いててさー!」などと
M君にうれしげに喋っていた私は、さぞかし威厳のない先輩だったろうと思います。
返答に困っていただろうに普通に対処してくれたM君の優しさに感謝。

はー。反省。

でもおもしろかったんだもん。

漢字も山盛だったりして。ぷぷ。

リーマンバロメーター

  • Day:2006.02.20 23:23
  • Cat:働く
今日は22時半に家に着きました。

はー。これですよ。
健康で文化的な最低限度の生活を1週間ぶりに味わっております。幸せ。

ところで私は3月でサラリーマン暦丸3年ですが、
あぁ私は今サラリーマンなのだなぁ。と実感する瞬間って、
みなさんどんな時でしょうか?

私の場合は、

・家に着いてジャケットを脱いだらポケットから小銭が出てきた時
・携帯で話してるのにジェスチャー(主としてお辞儀)を付けてしまっている時
・息が酒くさいもしくはニンニクくさい時
・机の下で靴を脱いでしまいたいと思っている時

など悲しい瞬間ばかりです。
後半2つなんて女とは思えませんが、
一番最後のはまだ願望であって実際に靴を脱いではいないので許してください。

逆に、私ほんとにサラリーマン3年目か?と思うのは、

・電車の中で新聞をうまく折りたためず新聞紙がバッサバサになっている時
・名刺入れから名刺が出ない時
・業者さんに完全にナメられ全然値切れない時
・電話で「ええ」と言えず「へえ」と相槌を打ってしまった時(過去の記事参照)

などです。
どっちにしろ切なさに満ちたサラリーマンライフを送っております。

ということを、本日帰宅時久々に乗った電車で
とあるおじさまから酒臭い息を浴びせかけられた時に考えました。

はー。きつかった。くさかった。

でも自分もああいう時がないとは言えないのかもしれないと思うと、何も言えん。

春への準備

  • Day:2006.02.18 23:26
  • Cat:働く
今日、会社で耳寄り情報を入手しました。

なんと、うちの会社は4月からフリーアドレスになるらしいです。噂ですが。

と言っても、何のことやらわかりませんね。

フリーアドレスというのは、オフィスで自分の席が特に決まっていなくて、
その都度空いてる席に座るという座席配置のことを言います。
通常、会社には営業とか内勤とかいろんな働き方の人が混在しているので、
一日中外出してて会社にいない人というのもいるわけなので、
常に全員分のイスは必要ないわけです。なので、
ノートパソコンとか携帯電話とか持ち運べるものだけで仕事ができる状態であれば、
オフィスではどの席でも働けるわけです。

なんて説明なんかどうでもよくて、大事なのはどこに座ってもいいということです。
どこに座ってもいいということは、好きなとこに座ってもいいってことです。

ということはですよ。

憧れのあの人とか、お近づきになりたいあの人とか、目の保養にしてるあの人とか、
男女問わず誰とでも近くに座れてしまうわけで、
これはもう、いわば欲望丸出しの席選びができるわけです。

はー。春が来た春が。

ちょっともう、どうしましょ。
とりあえず、自信を持って近くに座れるように、あと1ヶ月でおしゃれしましょう。

なんつって全然ガセネタだったりして。

あー神様仏様。本当でありますように。

パーマネント

  • Day:2006.02.18 00:33
  • Cat:ほか
やっと金曜日が終わりました。疲れた。
土日も会社ですが、とりあえず、9時には行かなくていいから幸せです。

ところで最近忙しかったこともあり、気づいたら髪が伸び放題です。
私の髪は直毛なので、伸びてくると横の髪がまさかりのように前方へ反り、
そんなまさかりな両サイドに寝不足の顔が包まれているというのは、
これは26歳女子として、いくらなんでもやりすぎです。モテ要素ゼロです。

というわけで、まぁ明日明後日は行けませんが、
来週末くらいに美容院に行こうと思っているのですが、
今回はちょっくらパーマをかけてみようかしら。などと企んでおります。

うふふ。

今年の目標、着実に達成しつつあります。

ところで目標と言えば手作り弁当なのですが、
張り切っていろいろ作り置きしたわりに外出が多すぎて弁当自体を全然持って行けず、
結局今週も2日間しか作っていません。
来週も、既に水曜までは持っていけない予定になっています。

なんだかなー。はりきってんのに。

ちなみに2日間の2日目、写真を撮りました。
自己満足って大切。

卵の謎

  • Day:2006.02.17 05:23
  • Cat:ほか
昨日は結局朝6時まで会社にいて、今日もさっき帰ってきました。

うー。
今週はちょっと異常です。
月曜から総計6時間寝てないとは。今なんてもう寝ようにも眠くない…。

ところで今日電車を待っている時にキオスクをぼーっと眺めていたら、
ゆで卵が売っていました。駅のホームでゆで卵なんて誰が食べるんだ。

というかそもそも、あれって時々「味付け卵」などと称して売られてますが、
殻がついている状態でどうやって味をつけてるんでしょうか。

私はゆで卵が嫌いなのであれを食べたことがなく、
なのでどんな味かもわからないのですが、昔から見るたび不思議に思います。
誰か知ってらっしゃる方は教えてください。

関係ないですが、先日の桃園の衝撃以来、
本屋さんでいわゆるそういうコーナーをうろついてタイトルで笑うという
傍から見れば明らかにおかしな行動をとってしまいます。だって面白いんだもん。

今日はその卵が売ってたキオスクにそっち系の文庫が売られていたのでチラ見したら、
タイトルは忘れましたが、帯の部分にいいのがあった。

『忘れ、られなくさせて』

ご察しの通り、ポイントは読点の位置です。
このベタさ加減がたまりません。ひとときのくつろぎを演出してくれます。

いやはや。

真夜中の平和

  • Day:2006.02.15 03:31
  • Cat:働く
眠いです。


昨日は4時に家に着き、今日は今、帰ってきました。


明日は何時に帰ってこれるかなぁ。

ちなみに今日はタクシーで爆睡して寝ぼけていたら、
いつも降りる場所と全然違う場所で降ろされてしまい、
しかたないので降りてから家まで10分くらい徒歩だったのですが、
途中に交番があり、その前にお巡りさんが2人、
夜中誰も通らないというのにわざわざ真面目に立っていたので、
ああ、ちゃんとこうやって世の中の和平は保たれてるんだなーと思ったのですが、
2人のすぐ前を通り過ぎた瞬間に聴こえてきた彼らの会話はなんと、

警官A「あれ?お前これ…」
警官B「ああ、これね。変えてみたんだよ帽子」
警官A「いいじゃんこれ、ここがよくねえ?」
警官B「かぶってみる?」

なんて平和なんだ。

真夜中に帽子自慢。

ていうか、警官の帽子に変えるも変えないもないんじゃないのか?とか、
もしかしてバイクみたいにこだわりの改造みたいなことがあるのか?とか、
眠い頭に妄想が広がり、どうしようもないのでこんな時間に書いてしまいました。

でももうだめです。限界。

おやすみなさい…。

中華三昧

  • Day:2006.02.12 23:37
  • Cat:働く
土曜日は仕事で横浜へ行きました。

午前中は仕事をしたのですが、一緒に行った先輩にお昼を中華街で食べようと誘われ、
その先輩と先輩の奥さんと3人で、太平楼というお店でランチを食べました。

私は中華街は昨日含めて2回しか行ったことがなくて、
しかも1回目は満腹の状態で行ったために何も食べられなかったので、
ちゃんとご飯を食べたのは昨日が初めてだったのですが、いやーうまかった。

9品くらいのコースで、炒飯とか北京ダックとかの定番に加えて
「ウーロン茶ゆで卵」など謎のメニューもあり、かなり満腹になったにもかかわらず、
せっかく来たからと言いながらでかい肉まんなんかも食べていたら、
ほんとに限界まで満腹になり、その後会社に戻って仕事をしても満腹のままで、
今日のお昼くらいまでお腹がすきませんでした。さすが中華。

先輩の奥さんはあっけらかんと明るくてサバサバしていて憧れの人なのですが、
昨日も相変わらず素敵で、またまた惚れてしまいました。

いいなー。
ああいう良い意味で女っぽくない人というのは、ほんと憧れます。

話は変わりますが、ラーメン病を完全に駆逐するためには
ちゃんと栄養のあるものを食べねばなるまい、と思い、
明日からお昼はお弁当を持っていくことにしました。

思えば私、お昼ご飯と言えば
パスタ→丼もの→サンドイッチ→食べる暇なし→パスタといった有り様なので、
なんだかもう小麦粉と脂と米くらいしか食べてないわけで、
そりゃラーメン病にもなるわけで、そんなんで薬なんか飲んでも効くわけないわけで、
もっとこう、鶏卵とか豆とか野菜とか食べなきゃいかんよ、と反省したわけです。

とは言っても平日毎日ゼロから作るなんて想像するだけで無理なので、
今日のうちにいろいろ作っておきました。
あとは朝、あれを詰める時間さえあれば大丈夫なはず。しかしそれすら不安。

年初の自炊計画も、1ヶ月半も経ってないのに衰退してきている今日この頃、
最後の力をふりしぼってがんばりたいと思います。

桃の園

  • Day:2006.02.10 00:11
  • Cat:見る
上司と電車で移動中。

上司も私も移動中はたいてい喋らず文庫本を読むのですが、
昨日は上司が本を開いた途端、「ちょっとこれすごくねえ?」と言いながら
その読んでいる本を見せてくれるので、何かと思えばそのタイトルがすごい。

『広島やくざ戦争』

なんて安直な。
あ、まさか大ファンなんて人はいないとは思いますがいたらごめんなさい。

しかしここまでストレートなタイトル付けられる人もなかなかいないよなー、
かなりのつわものと見た、なんて話をしばらくしていて、
そもそも何でこれ買ったんですか?と聞くと、古本屋で勢い余って買ったらしい。

すごいですねぇ、何年前の小説なんだろう、と巻末の発行年月日を見ようとしたら、
一番最後のページに、その出版社から出ている他の本のタイトルと作者名の
リストが載っていて、何となく見てみると、そこがまたすごかった。

『女が夜来る』
『春の実験』
『寛容な同棲者』
『恋人と実験者と』

要は成人向けのいかがわしい小説なのですが(やくざ戦争とは違う作者でした)、
しかしこのタイトルの妙はどうですか。

白昼の丸の内線で上司と大爆笑し、
『春の実験』と『恋人と実験者と』で実験シリーズじゃねえの?だの、
『女が夜来る』でタイトルを動詞で締めてもいいって気づいて開花したんですよだの、
言いたい放題で非常に面白いひとときを過ごしました。

その名も、桃園文庫。

20歳以上の方は、機会があればぜひ、作品リストをご覧になることをお勧めします。

あーおもしろかった。

雑念復活

  • Day:2006.02.08 00:57
  • Cat:働く
またしても会社を休みたく、さらには辞めたくなってきました。

あー。もう何度目だ?

親しい友人あるいは肉親の皆様、及び当ブログを初期からお読みの皆様には、
またかよこいつ…と半ば呆れられ、怒りすら覚えられてしまっているかもしれません。
ほんとすみません。

説明なんかいらないと思われることを覚悟で言うと、理由は、
3月で意外な人が辞めるからその影響で、というのが1つ。
3月で丸3年だから踏み出すなら踏み出さないとズルズル行きそう、というのが1つ。
3月で異動になるかもという雰囲気をビシバシ感じるのに正式通達がないのが1つ。
3月で26歳も終わりだからかやたらと結婚とか何とか言われるようになって
いい加減うるさーーい!!というやけっぱちな気持ちもその1つ。

あーもう。
私が誰を好きだろうが誰と付き合おうがいつ結婚しようが
あんたらに何の関係があるんじゃーーーーーー!!と言いたい。けど言えない。

なんかもうやだ。
けど、相手かまわず女と見れば遊びまくってたような人に、
会社になんか何言ってもムダなんだからとか言いつつグチグチ文句言うような人に、
お前もいい歳なんだから男見つけろとか、夢があるならそれをやればいいとか、
偉そうに言われたくないっつーの。

とこういうことを本人に面と向かって言えれば、
ストレスもたまらずラーメン病にもならないのかもしれません。

でも言えないよなぁ。

でもそう言われて悔しいってことは、若干図星ってことか?
と思うとますます悔しい。

ぐー。眠れん。

いいいいい

  • Day:2006.02.05 19:09
  • Cat:聞く
いい。

いい曲です。いい声です。いい詩です。

安藤裕子『Merry Andrew』を買いました。
先日の日記に書いた、月桂冠つきのCMソングを歌っている人です。
お隣さんには迷惑でしょうが、わたくし今、かなりでかい声で歌ってます。

明日からたぶん半月はこればっかり聴いてると思います。
食同様、一回気に入るとそればっかりになってしまいます。

ところでこれを買うときに、
HMVに楽しい男子(推定19歳もしくは老けた14歳)がいました。

視聴コーナーをくまなく回り、各々の曲に合わせていちいち振りを踊る。
歌バカの視聴コーナーでPOP STARを踊り、
青春アミーゴの視聴コーナーで踊り、
タッキー&翼の視聴コーナーで踊り、
しかも小太りでメガネなのに機敏でキレがいい。

最近の若者ときたら大胆不敵です。

さらにところで、今日は会社用にバレンタインのチョコレートを買いました。

会社用で迷うのは、誰まで配って誰からは配らないかという、その線引きです。

お世話になっている人に、という線引きにしてしまうと、
私のようなぺーぺーは誰にでもお世話になっているのであり、これでは線が引けん。
じゃあプロジェクトで関わっている人に、という線引きにすればいいのですが、
そうすると一気に人数が多くなるので絶対1人か2人忘れることになり、
そんなことになってはせっかくの社内営業が一転して地獄絵図です。

というわけで無難なところで、同じ課の人だけにすることにしました。

去年は同じ課の女の先輩達とコスト削減の結果惨憺たるチョコをあげてしまったので、
今年は罪滅ぼしの意味もこめ、かなり普通の義理チョコを選定しました。

うーん。

OLっぽい。

出戻りUっちー

  • Day:2006.02.04 22:10
  • Cat:働く
先週、約1年前に会社を辞めたUっちーさんという先輩が、
出戻り入社してきました。

私の知る限り、Uさんを一言で表現しろと言われれば「何でも笑い飛ばす人」ですが、
再入社の日、朝礼で紹介されたUさんは、終始ニヤニヤしながら
「皆さんただいま!!」などと大声で挨拶して爆笑を誘い、
1年間いなかったなんて思えないような馴染みっぷりで、完全にキャラ勝ちでした。

それでも本人はきっと内心ドキドキしたりしていたと思いますが、
しかしああいう憎まれないキャラというのも才能と言うか財産と言うか、
もちろんそれだけではダメだと思いますが、素敵だなーと思いました。

Uさんは昔会社にいた頃から飲みに行く度に私がモテないことを心配してくださり、
世の中はそれだけじゃない!たくましく生きろ!!などと非常に失敬な激励を
大声で発してくださっていましたが、1年経ってもまったく状況に変化のない私に、
きっとまた同じゲキを飛ばしてくれるんだろうなぁと想像するだけで笑えます。

最近人がいっぱい辞めて、今月から来月にかけても何人か辞めるらしいという中で、
久々にうれしい人事でした。

とんこつに懺悔

  • Day:2006.02.03 02:38
  • Cat:ほか
ラーメン病、もとい頭痛と吐き気の原因を追究すべく、病院に行ってきました。

結果から言うと、ラーメン及びとんこつには何らの責任も認められず、
全国のとんこつラーメンととんこつラーメン愛好家の皆様に深くお詫び申し上げます。

と言ってもまあ本当はお医者さんにはラーメンの話はできず、
2週間前から頭痛と吐き気で乗り物酔いみたいな状態が続いていると話したのですが、
仕事はハード?とか不眠はないか?とか手足のしびれはないか?とか質問され、
結局は原因不明で、恐らくストレス性のものか、もしくは偏頭痛じゃないかとのこと。

とりあえず痛そうだから痛み止めと吐き気止めと胃薬を出しましょう、と言われ、
これ飲んでも効かなかったらCT撮りましょう、と言われ、
CTなんて一昨年工事現場で転んで顔面を強打して救急車で運ばれて以来なので
どきどきしましたが、まあでも薬が効けばいいんだから、と思って飲んでみると、
効かないんですな、これが。

でもまあたぶん今週は寝不足すぎるので、来週になればもっと回復しているはず。

ご心配をおかけしましたが、たぶん大丈夫です。
本当にありがとうございました。

というわけで、とんこつも大丈夫なので、
ラーメン食べに行くときもじゃんじゃん誘ってください。

全然関係ないですが、さっき会社で驚愕の事実を知りました。

会社で導入している社員同士のチャットがあって、
それはシステム担当の部署もチェックできないという話だったのに、
実は普通にチェックできるそうです。

ひどい。うそつき。

私はよく同期のS君にチャットで人生相談などしてしまうのですが、
それも始めると30分は軽く経っていることもあるのですが、
それがバレていたとは。しかもあんな赤裸々な内容まで。

ぎゃー。

SI課の人でなし!!

艶やかな隣人

  • Day:2006.02.02 00:45
  • Cat:聞く
昨日は徹夜で仕事をしてAM5時頃入浴のため帰宅してまた会社にとんぼ帰りでした。

そんなわけで今日は一日中眠く、しかもそんな日に限って外出ばっかりで、
午後一の打合せでは我ながらちょっと見過ごし難いほど長時間にわたって
意識不明の状態に陥りましたが、それでも何とか寝てないフリを決めこみ、
23時にようやく仕事が終わって先程帰宅しました。

帰りの電車が何故かかなり空いていたので、座って帰ってきたのですが、
腰を下ろしたとたん眠りにつけるほど疲労困憊していたにもかかわらず、
隣に座っていた女性(推定58歳)のあまりに艶やかな声のため、
結局一睡もできずに帰ってきました。

寝ているんだか起きているんだか分からないくらいの薄目の状態で、
25秒に1回ほどの割合で「あぁん」「うふぅん」といったなまめかしい声を発し、
その度に周囲の驚愕と注目を一身に集める、という一連の流れを飽くことなく反復。

何なんだあれは。

最初はおかしな夢でも見てるのかなーと思いましたが、
自分だって電車で寝てれば何やっててもおかしくないよなぁとも思うので、
結局はそのまま艶っぽい声に包まれたままで帰宅しました。

しかしあの歳であの声をあんだけ出すとは見上げたもんです。すごい。

久々に電車でいいものを見ました。

ちなみにラーメン病について続報ですが、
徹夜が祟ったのか昨夜からますます勢いを増して痛みが増しております。

というわけで明日ついに病院へ行ってくることにしました。

あー。何て説明しよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。