うっとりあごの裏

  • Day:2006.12.28 21:14
  • Cat:見る
今日、ひとつ発見をしました。

会社で私がいるフロアには約50人社員がいて、前の会社に比べると断然女の人も多い。
そしてその中でも群を抜いてOLっぽい、きれいで可愛くておしゃれなAさんに、
私の目は毎日毎時毎分毎秒釘付けなのですが、そのAさん。

なんと。机のうえに、常に自分の顔が映る角度で鏡が置いてあるではないですか。

これはもう。
凡人の方ならお分かりかと思いますが、並大抵の人じゃあできません。
さすがAさん。自分の美しさをわかってらっしゃる。

はー。きれいな人って、ああやってさらに綺麗になるんですな。
すげえなあ。

私なんかが同じことをやろうもんなら、
いかんせん輪郭が四角というか丸というか要するにシュッとしてないので、
ヒト科の標準より面積の広いあごの裏がつるりと映るだけです。たぶん。

ああ。
一生に6時間でいいから面長になってみたい。
スポンサーサイト

ひねくれパワー

  • Day:2006.12.27 21:48
  • Cat:ほか
久しぶりに、早く帰ってきました。
何だか最近、9時ー18時の契約から勤務時間が大きくはずれつつあります。

けっこう毎日遅いので、寝るのもだんだん遅くなり、
その結果起きるのもだんだん遅くなり、しまいには目覚ましも無視、
今日なんか起きたら出発30分前で、入浴時間を削って洗顔・洗髪のみで出社しました。
うへー。きっちゃね。いや、もちろん化粧はしましたが。

こんなことではいかん。OL、というかもう女を捨てている。

というわけで、難しくはありますが、
転職後2ヶ月が経ったここいらへんで再度気合いを入れ直し、来年はまた早く帰ります。

ところで。
先日、母がとある資格試験に合格しました。
何年か勉強していたとはいえ、仕事家事介護などをしながらという環境と年齢を考えると、
なんというか、我が母ながら、おそるべし。

めでたいなぁ、よかったなぁ、と思うのと同時に、
昔の自分だったら「母があんなにがんばってるんだから私も何かせにゃ」などと
妙なプレッシャーを感じていたのに、今はそういう感情がないということに気づき、
昔の自分のひねくれた子どもっぽさを思い出しました。
いやはや。面倒な子どもだったもんだ。

しかしこれ、ひねくれが皆無になるのもまた考えもので、
というのも私、明日締め切りの翻訳学校の課題に、
まだ1ミリも手をつけてないんですな。ははは。どうしよう。

うーん。うーん。やるしかないけどさあ。うう。

しかたがないので、宿題をやらず罵倒される自分を想像してがんばります。

ひー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。