膨張物語

  • Day:2008.11.24 11:14
  • Cat:ほか
来週末にある友達の結婚式2次会でバンド演奏をするのですが、
昨日はその最後の練習で渋谷に行ってきました。

大学のサークルでやっていた男2人女3人のバンドで、
久々に会ったみんなは全然変わっていないように見えたのですが。

昨日練習の後ファミレスにごはんを食べに行ったところ、
前回までハンバーグ+コロッケ+フライドポテト的なものを頼んでいたY君が
おもむろにドリアセットなどを所望するではないですか。

なんだその女子なチョイスは。

と、てっきり今回もY君はハンバーグだと思っていた私は意表をつかれ、
自分が頼もうとしていたのもドリアセットだったため
思わず何かしらのバランスを取ろうとしてハンバーグを頼みそうになる始末。
何のバランスが取りたいんだ。

しかしY君のハンバーグ→ドリアへの変化に驚いたのは私だけではなく、
今回結婚するEちゃんがすかさず「なんでY君ドリアなわけ?」と質問、
するとY君いわく、「いやー・・・実は最近太ってきてさー」。

Y君と言えば、絶対一生太らなさそうな体型、
なのにそれが三十路を前についに来てしまったらしいのです。

そうか。ついにY君にも。

と親近感と敗北感が混ざったような気分になったのも束の間、
Eちゃんは容赦なく一言、「それはねー、代謝だよ代謝」。

いやいや、そうでしょうけども。ドSですか?
オブラートに包まなすぎの花嫁、素敵です。

その後は私も便乗して
Eちゃん+私「どこらへんが太った感じなの?」
Y君「えーとこのへん(と言って腰のあたりを触る)」
Eちゃん+私「あっはー、それはもう代謝以外の何者でもないよ」
となぜか上から目線で膨張を語る私たち。
先に太ったことがあるというのがそんなに偉いのか?ごめんねY君。

いやしかし、歳をとるっていいもんです。代謝は落ちるけど。
膨張に限らず、この現象は私だけなのか?と長年悶々と思い悩んでたことが
実は他の人にもあったというのがわかる、という経験が
ここ1〜2年で何回もあった気がする。

そんなのもっと早くわかってた人もたくさんいると思いますが、
まぁこれが私のペースなわけで、遅くなってもわかってよかった、
と最近はすっかりマイペース容認です。

はー。楽ちん。



スポンサーサイト

テーブル到来

  • Day:2008.11.22 11:31
  • Cat:ほか
仲良しの先輩からテーブルをいただき、
別の先輩に今朝から車を出していただき、ついに我が家がこんなことに。



素敵すぎます!
ありがとうございます先輩がた!

写真が暗くてよく見えませんが、
テーブルと一緒にもらった椅子もまた、小学校で座っていたような、
座面と背もたれが木でてきていて脚の部分が鉄棒みたいな、
ああいうやつでもんのすごいかわいいのです。
ぐはー。いいのかこんな恵まれた生活をしてしまって私は。

他にもこれまたレトロでかわいい食器棚や、おしゃれな暖房器具、
そしてホットカーペットもいただき、なおかつ土鍋までいただき、
もう先輩からの融資がなければ私は冬すら越せないと思います。
本当にありがとうございます。

テーブルのおかげですごい女子らしい部屋に見えますが、
和室リフォーム物件特有の和風をごまかしたような空気もそこかしこに残っており、
しかしこれもまぁ個性だな、と最近は個性を言い訳にして
こんな押し入れチックな取っ手もなんかもそのまま残そうと思い始めています。



忍者だなぁ。


素敵女子

  • Day:2008.11.14 00:48
  • Cat:見る
ここ数日ブログの上部に表示されていたPR文の
「バンジージャンプとおならの関係が云々」というのが
やっと今日消えました。

そんな赤裸々な内容を人のブログに長期で載せるとは
サイバーテロもいいところです。


ところで今日は帰りの電車で
立ったまま寝ていて窓に頭を激しくぶつけて轟音を発して
同時に3人に席を譲られている女子を見ました。


日本はまだまだ捨てたもんじゃありませんな。


青春の輝き

  • Day:2008.11.12 00:43
  • Cat:ほか
カーペンターズではありません。

まりちゃんズです。

今をときめくポニョの歌のおじさん2人、藤岡藤巻さん、
その昔、まりちゃんズというバンドをやっていたそうです。

まりちゃんズと言えば、
日当りのいいアパートで1人暮らしをしている自分の図をほくほく想像して
勉強もせずアパートの間取り図の落書きばかりしていた暗い中学生だった頃、
毎晩聴いていた「赤坂泰彦のミリオンナイツ」で
「尾崎家の祖母(おざきんちのばばあ)」が大ブレイクした、あの方々ではないですか。


すごい。
甘酸っぱい。

思春期を思い出して泣けてきます。


ちなみに「おざきんちのばばあ」自体は
決して泣くような歌詞ではないのであしからず。



妄想サラリーマン

  • Day:2008.11.11 00:31
  • Cat:ほか
家に帰ってこんなだったらよかろうなあ。

と本気で思う女好きの私。



かわいすぎるぜ。


新居ではこのアパートな感じを出そうと日々努力しておりますが、
そして思惑どおりの雰囲気になりつつあるような気もしておりますが、
何か間違っているような気がします。が、気のせいであってほしい。


なぜに永作博美はこんなにかわいいのだろう、
その理由は目と目もしくは左右の眉毛の間の距離が広いからではないか、
というのが昔からの持論なのですが。

永作博美に限らず植物系の顔の女子は全体にあそこの距離が広く、
動物系→恐竜系という流れで進化あるいは退化あるいは分化が進むにつれ
あの部分の距離が狭まり、結果として恐竜系はなんというかこう
「ぐわっ」とした大胆な造りの顔になっているのではなかろうか。

どうでもいいですね。

しかしかわいいです。



微笑み指南

  • Day:2008.11.07 23:52
  • Cat:遊ぶ
仕事が早く終わったので、映画を観てきました。

私は飯田橋にあるギンレイホールという映画館の会員になっていて、
行けば無料で1週間に1本のペースでちょっと昔の映画が観られるのですが、
春に会員になって以来3回目ぐらいという体たらく。出不精ですみません。

今日観たのは「時効警察」の方々による「たみおのしあわせ」という映画で、
単細胞な私には深いところは分かりませんでしたがまぁおもしろく、
時効警察好きな方にはよいのだろうと思います。

この映画館のいいところは会員だと安いとか
映画自体のチョイスもけっこういいとかいうのもそうなのですが、
とにかく来ている人が地味(失礼?)、かつ単独、かつ自由なところです。
カップルはおろか、女2人連れなんかも非常に珍しく、
あぁこの人1人で映画行きそうー!という雰囲気を余すところなく醸し出している、
そんな方々ばかりが期待を1ミリも裏切らずに1人ずつでいらっしゃっており、
1人慣れした自意識過剰な私には大変しっくりくるわけです。

というわけで自分としてはOLらしい金曜の夜にすっかり興奮して
1人カラオケでもうひと発散、などと妄想をたくましくして帰ってきましたが、
羞恥心、もとい自分のぱつんぱつんな自意識に負けてカラオケは断念しました。
この自意識を捨てられればまた違う世界があるのでしょうか。

とはいえ1人カラオケは別に行ったことあるので大してハードルは高くなく、
じゃあ1人遊びの中で何がいちばん恥ずかしいかと考えると、
1人ごはん、1人映画、1人旅、1人で海、あたりはまぁハードルも何もなく、
1人カラオケとなるとちょっとまぁがんばらねば、という感じですが
そうは言っても個室に入ってしまえば別に何でもないわけで、
1人焼き肉、1人ボウリング、1人ダーツ、なんかはやったことないですが
たぶん公衆の面前で遂行する分1人カラオケよりもう1段上になるのでしょう、
しかし何より恥ずかしいのは1人思い出し笑いなのではないかと思います。

1人無言で過去の面白かったシーンを思い出して笑う、
こんなに後ろ向きな遊びは他にはないと思われる上に、
これがまたいつ襲ってくるかわからないので
かなりの確率で公の場でやらかしてしまうことになるわけで、こりゃもう大変です。
まさにハイリスクハイリターン。

私はしょっちゅう思い出し笑いをするうえに
自分で思っているより大胆な笑顔になっていることが多く、
そして一度思い出し笑うとなかなかこれが元に戻せず、
しかも思い出し笑いをする人はエッチだなどと濡れ衣まで着せられ、
リターン以上のリスクを払っているような気がします。
が、面白いもんはしょうがない。


それにしてももっとこう、ほのかに笑いたいもんです。


誰か私に微笑みの方法を教えてください。




自宅化の経過

  • Day:2008.11.01 11:17
  • Cat:ほか
はー。

いい天気です。

カーテンが開けられる部屋って素敵。
カーテンどころか窓も開けられるし、洗濯物だって外に干せます。

なんて幸せなんだ。

13平米は13平米なうえに1階で横は道路だったので、
いつも遮光カーテンを閉め、洗濯物も浴室乾燥機で乾かす始末、
それはそれで天気や時間に関係なく洗濯ができたのでよくもあったのですが、
やっぱりね、晴れた日に洗って日に当てて干す、というのが人間の営みな気がします。

この1週間でようやく若干自分ちな気分になってきて、
夜も眠れるし、腹はまだ下し気味ですが、
昨日の深夜に水回りを徹底清掃したら匂いも気にならなくなった感じがする。

しかしここで満足してしまうと可愛い部屋にはならないわけで、
和室リフォーム古物件にありがちな唐草模様的な雰囲気、
いや実際には唐草模様などないのですが、それでもそこはかとなく漂う唐草な空気、
それを駆除してオサレに住んでこそ活きるわけだこの古さが、
などと思いつつ、今月は私にしては珍しく全週末に予定が入っている状態、
それを言い訳にしばらくはこの日当たりと洗濯の開放感だけで満足してしまいそうです。

それにしてもとりあえずキッチン用品がぴっちり梱包されたままなので、
せめてこれだけでも何とかせねば。
冷蔵庫にも水とお茶しか入っていなくて、完全に男子です。

男子と言えば、今月人生初の合同コンパに参戦することになりました。
という話を昨日会社の先輩にしたら、29で初合コンか、
ある意味幸せだよねそれ、でも普通友達とかいれば誘われるのにね、
友達いなかったの?と非常にざっくばらんなご意見をいただきました。

うーん。

せつない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。