女子堪能

  • Day:2008.12.21 17:31
  • Cat:見る
今日は珍しく早起きして飯田橋で映画を2本観てきました。

朝イチの回だし人も少ないだろうと思いきや、既に長蛇の列。
9時半からのが永作博美主演の『同窓会』というやつで、
11時半からのが蒼井優主演の『百万円と苦虫女』というやつで、
どっちかといえば女子が多いだろうと思っていたらとんでもなく、
長蛇の列のほとんどはけっこうなるおじさん(しかもお一人様)で、
最初はパチンコかなんかに間違って並んじったかな、と思ったのですが
列が動き出すとやはり皆さん映画館に入っていくので、
ああ、とちょっと切ない気分になりました。
いやまぁ私もその一人だったわけですが。

映画はというと2本とも女子好きの私には満足な内容で、
『同窓会』はベタな伏線がちょこちょこ張ってあっておもしろい感じ、
『百万円』は私より年下の女子向けのガールズムービーな感じ、
こっちは観たの2回目でしたが1回目より味わって観られました。

あーしかしかわいい女の子って見てるだけで幸せになれますね。
癒された。

帰りは吉祥寺に寄って、
来週参加するクリスマスパーティ用のプレゼントを買いました。

大学のクラスメイトとのパーティなのですが、
今までの人生でそんなうきうきなイベントに参加したことが少なすぎ、
かつプレゼント交換なんて粋な催しも小6ぐらい以来のことで、
うーむプレゼント、誰がもらっても楽しいものうれしいものとは何ぞや、
とこの数週間悶々としていましたが、適当に入った雑貨屋さんでついに発見。

やーよかった。

特定の人にあげるプレゼントならその相手のことだけ考えて選びますが、
不特定の誰かに渡るプレゼント、しかも男女混在、となると、
選ぶ基準がもうよくわからなくなり、結局、
万一自分に当たってもけっこううれしいものって何よ?
という基準で選んでしまいました。

とか言って本当に自分に当たったら哀しすぎますな。

使うけど。

スポンサーサイト

貧血の思い出

  • Day:2008.12.20 02:54
  • Cat:ほか
にょーー

年末恒例の貧血祭りがやってきました。
けど今日は何とか乗り切って終電まで働けたので、まぁ大丈夫でしょう。

24歳ぐらいから何だか知らないけど毎年師走に大貧血になり、
今年はなんか健康だし大丈夫?と思っていたらやっぱりダメで、
今週はもう、そんなんで部長飲み会なんぞにまで参加したからか
会社でも顔が草もち色だなどと言われて散々でした。

貧血と言えば前の会社で働いていた頃、
年末最後の打合せで突然血の気が引いて吐き気をもよおし
打合せが終わるなりトイレに遁走、そのまま立てなくなってしまい、
同行していた先輩方(男性)を散々待たせたあげく、
へろっへろでトイレから出たものの立てないわ歩けないわで
結局客先の会議室で椅子を並べて休ませてもらってそのまま爆睡、
案外すっきり目が覚めて会社に帰った、という恥ずかしい思い出が蘇ります。

ひー。

ただの寝不足だったんじゃないのかあれは。

しかもその当時のお客さんが今の上司ときたもんです。
ああ。ヘモグロビン所望。

そしてその当時トイレから出てこない私を待っていてくださった元上司、
人生の師匠であるその方がなんと!ブログを始めたそうです。

うひひ。
勝手にブックマークに入れてます。

やー。毎日の楽しみがひとつ増えました。

あ、そういえば元上司様、当ブログは現上司様などなどには
一切公開しておりませんので何卒ご内密に。
相変わらず自意識過剰ですんません。

部長祭り

  • Day:2008.12.17 22:44
  • Cat:働く
忘年会シーズンの波に乗って連日飲み会に呼ばれていますが、
昨日参加した部長7人VS私という会ですっかりやられてしまい、
思うに私、飲み会は週に2回が限度のようです。

なんで人の多い飲み会はあんなに疲れてしまうのか。
飲み会らしくふるまおうと真面目に参加しすぎるからだろうか。
働き盛りかつ飲み盛りと思われている年頃なのに申し訳ないことです。
しかし我ながら飲み会らしいふるまいって何だ一体。

しかも昨日の会では若者が私だけという状況からか、
40歳〜50歳の部長たちの中から好みは誰かだの何だのと選ばされ、
あぁー年下にこういうことをしだしたらオッサンだよなぁ人間、
などと失礼なことを思いながら好みのオッサンを選んだり、
それを女性の部長たちから若干冷めた目で見られているのに気づいて
だってあんたたちも選べって言ったじゃーん!と悶々としたり、
と昨日は漠然と疲れてしまってわからなかったんですが、
書いてて今わかりました、そういうので疲れるんですな。

あああ。

でもたぶん上述の部長たちにもそういう下積み時代があったに違いなく、
うぐー、働くって大変。飲みも仕事のうちとは言うものの。

とりあえず今週最大級の飲み会は乗り越えたので、あとは来週のラスト2回。

きゅー。

がんばろう。


電卓の実力

  • Day:2008.12.02 23:58
  • Cat:働く
今日、サラリーマン生活6年目にして新発見をしました。

10月に移動してきた今の部署では毎月初に請求書を出すのですが、
今月からそれを引き継ぎ、夕方後輩と最終の金額チェックをしていたところ。

隣に並んで一緒に消費税チェックをしている後輩の手をふと見ると、
明らかに私よりも電卓をたたく回数が少ないのです。

なんで?

と思ってじーと見ていると気配を察した後輩が
「ど・・どうしました?」と一言。

しまった、見すぎた。

と思ったのですがその早業の理由が知りたくてたまらず
「ねえねえ、今のなに?」と聞くと、
「え?今のって消費税?」ととんちんかんな後輩、
「そうそう消費税が一瞬で出たでしょ、なんで?どこ押した?」と私。

とこうやって書くとアホのようですが、
とんちんかんなのは私であることも歴然としていますが、
だってびっくりしたんですもん。

後輩が使っていたのは「%」というボタンで、
例えば「100×5%」と押すと「5」と出る、という感じで、
同じ計算を「100×0.05=」と押していた私と比べればそりゃ当然速いわけです。

ってそんなの誰でも知ってるんでしょうか。
私は今日知りました。ひとつ賢くなった。

しかしこのボタン、「=」のすぐ近くにあったのですが、
私は今日の今日まで、後輩に「ここですよ」と教えてもらうまで、
そんなものがあるなんて全然気づいていませんでした。

うーん。
人間って何でも見えてるようで見たいものしか見てないんですな。

などと思ったりしましたが、
でも働く電卓人口の大部分は普通に使っている機能かもしれません。

というか、たぶん普通に使ってますよね。

いやはや、人並みになれてよかった。
ありがとう後輩氏。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。