合コン不戦敗

  • Day:2009.04.28 21:04
  • Cat:ほか
誕生日関連で浮かれすぎたのか日曜深夜(月曜早朝)から急遽発熱、
数年ぶりに38度超えを叩き出した体温計におののきつつ
今週は1日祝日だし会社には行かねばよ、と出社、
数年前に同じような状態でプレコールを飲んだら仕事中に汗かいて解熱したことがあったため
今回もそれを狙おうと会社に着くなりプレコールを服用してみたものの、
いやぁあの頃は若かったので新陳代謝もよかったのでしょうか、
今回はそうもいかずあえなく昼頃に早退、帰宅後寝てるだけなのに40度も軽々と超え、
その後もちょっとマシになったと思って体温を測ってもまだ39度などという体たらく、
丸々1.5日熱を放ち続け、今日の夕方にようやく37度あたりに落ち着きました。

あわわわわ。
熱なんぞ4年に1度ぐらいしか出ないので、たまに出ると死ぬかと思いますね。

久々に平日の昼間のテレビなんか見て、
ひとつ屋根の下の再放送が熱すぎて恥ずかしくて正視できないなーとか
トータス松本はやっぱりかっこいいなーとか
養老孟司氏と綾小路きみまろ氏は激似じゃないか?とか
朦朧とする頭でどうでもいいことを思っているうちに1日が過ぎて、
あぁー無益な1日だった、けどまぁこういうのもたまにはいいか。

と思っていたら、2日ぶりに食欲が出て無性にプリンが食べたくなり、
さきほど家の近所のコンビニにプリンを買いに行ったのですが、
バナナプリンだの金ごまプリンだのプリンクレープだのプリン風タルトだの
私はふつうのぷっちんプリンを食べたいだけなのにそれはなく、
あぁぁふつうって意外と手に入らないものよのう、と切なくなり、
結局手ぶらで帰宅しました。ううう。

そして本日合コンデビュー戦の予定だったのですが
病欠により不戦敗という何とも情けない結果に終わってしまい、
ほんと切ないぜ。いつもかなり健康なのに。

しかし4年に1度という発熱タイミングが
経理系部署に異動して初めての月末という大事な時期に重なってしまい
仕事面でもこれは大きな打撃、あぁどうしよう、もう信頼失墜だよこりゃ、
と早退して3時間ほどは悶々としていましたが、
あまりの高熱に悶々すら吹き飛んでしまい、とりあえず熱が下がってよかった、
健康第一、なんて健康な時はなんだそりゃって流してしまいがちな言葉ですが、
やっぱり人間、健康第一ですな。

あー。発熱疲れ。

明日は祝日ですがメールだけでも見に会社に行かねばなぁ。

スポンサーサイト

突入30代

  • Day:2009.04.26 20:10
  • Cat:遊ぶ
30歳の誕生日を迎えた一昨日深夜から、いろんな人に祝ってもらい、
祝われまくって今、幸せだなぁーとしみじみしております。
皆様ありがとうございます。本当に。

24日金曜は、大学時代の心の友が祝ってくれるということで
銀座の沖縄料理屋さんに行き、お互いの恋愛事情や労働事情の話をしていたのですが、
最近ハードワークの彼女が途中で非常に眠そうな顔になってきたので、
よし帰ろう、祝ってくれるその気持ちだけで十分だ!ってことで早めに終了。

駅に向かう途中、大学時代の別の同級生男子から飲んでるからおいでよーとメールをもらい、
0時前にその飲み会に合流、去年の同窓会以来数回飲んでいる人たちプラス
ほとんど話したことのない同級生というおもしろメンバーで飲み始め、
図々しくも誕生日を祝ってもらい、実は誕生日を一緒に過ごす男子がもう8年ぐらいいない、
というウザめの話を聞いてもらったりして、いいのかなぁ、ありがたいなぁ、
このメンバーの飲み会に突撃合流って昔の自分じゃ考えられんなぁ、
と感慨もひとしお、けっこう酔っぱらっていい気分で早朝に帰宅。

誕生日当日の25日は昼頃起きたらマイセルフプレゼントのこちらが到着!


かわいいぃぃぃー。
私はここでいろいろ書くのだ、とうきうきで模様替えをしたりなどし、
19時頃からうちの近所の素敵居酒屋にて兄と弟と3人水入らずで全編鹿児島弁の飲み会を開始。

わざわざ近所まで祝いに来てもらうだけで十分ありがたいのに、
なんとプレゼントまでくれるのですこの兄弟が。

しかもあろうことか、モンブランの万年筆。


贅沢すぎる。罰が当たるよ。本当にありがとう。
しかもインクは黒ではなく藍色なのです。素敵すぎる。
ありがとうありがとう。大事な局面まで取っておきます。

しょっぱなプレゼントで驚きうれしく、
その後は兄姉の熱いトークを弟がうまいぐあいに受け流すといういつものパターンに陥り、
その何でもスルーする能力は何なんだ、うらやましいじゃないか、どうやったらスルーできるのか、
と弟に聞いてみると「スルーしてるんじゃなくてそっちが勝手に進んでるんだよ」とのこと。

そうか。そうだったか。
姉は30代でそのスルー力を身につけるよ。

その後、遠くに住んでいる弟が終電で帰ると
近くに住んでいる兄と大人の二次会を開始、結局朝5時ぐらいまで喋りっぱなしで、
いやぁこう、この歳になって本気で本音を話せる兄弟を生んで育ててくれた両親に
本当に感謝だなぁ、自分は独善的ではあるけども、
この兄弟と培ったこの感覚とか価値観は大事にしよう、と思いながら兄を見送って即就寝。

今日は高校時代からの心の友とまたしても近所でランチを食べ、
誕生日ということでケーキとか可愛いパンとかいっぱい買ってもらいました。うはは。



かわいく撮影してますが、この後ケーキは完食しました。
ありがとうありがとう友よ。
私も人の誕生日をちゃんと覚えられる素敵女子を目指すよ。

ちなみにこの友とは先祖で肉親だったのではと思うくらい感覚が似ているのですが、
今日もやっぱりそう思うくらい遠慮のないブラックトークで6時間くらい喋って笑い、
なんかすごい楽しい2.5日間だったなぁと、若干今、呆然としております。

なんか、29になった時点で既に30になったような気分だったので
今回は特に大きな節目だとかいう感覚はないのですが、
好きな人たちと思う存分話ができて、楽しかった以外の表現はない感じで、
節目的実感はないけど節目っぽい歳の誕生日にこういう時間を過ごせて
純粋に幸せだなぁーと思います。オチもなく。

はー。
楽しすぎて既に連休気分。

あ、あさって初合コン行ってきます。




ハッピーホリデイ

  • Day:2009.04.23 21:23
  • Cat:遊ぶ
今日は午後休を取って免許の更新に行き、
夜は大学時代の恩師が本屋でトークショーをするというので行ってきました。

免許は前回更新してから1度も運転してないので当然のゴールドで、
ただし前回更新してから3回も住所が変わったのに手続きを怠っていたのでハガキが来ず、
まさかのハガキなし突撃更新に行ってみたのですが、意外と大丈夫で、
無事にあと5年、更新なしで行けることになりました。

次の更新は35歳かー、まだまだ先だなー、
ときっと前回も思ったんであろうことを思いますが、
あと全然関係ないですが今回写真を撮ってくれた女性の仕草がおもしろすぎて
ものすごいニヤニヤしてしかもちょっと顎が上がってしまってる写真になってしまい、
なんかこう、どんよりした顔で写っている5年前の免許と比べると、
幸せそうでいいんですけど面の皮が厚くなってる気がすると言うか、
いやまぁ、でもいいな。いいことだ。この5年間に感謝。

トークショーは先生の主催する文芸雑誌の創刊1周年記念のもので、
参加自体も申込み先着順なのですが、会場に早く着いた人から好きな席に座れるというので、
午後休まで取った苦労を活かして最前列に鎮座、すんごい楽しい1時間を過ごしました。

その雑誌では年に1回、各自の誕生月に短編小説を投稿できることになっていて、
私も去年の今頃に出して今年の1月頃に落選通知をもらったのですが、
今日帰りに先生が声をかけてくださり、
「おもしろかったよ最終選考まで残ったんだけどねー、また書いてね」と言ってくださり、
もう有頂天とはこの状態を言うのだね、という感じで今、まだニヤついてます。

うはは。また書きます。絶対書きます。

あー幸せ。

午後休って、いいもんですねぇ。

あ、ちなみにこれも関係ないですが、
トークショーに行く電車の中で隣に座っていたギャル風の若い女子が
当然のごとく車内でメイクをしていて、それ自体はまぁ見慣れた風景なのですが、
まつげ部門にとりかかる際、ビューラーにライターで火を当てて息で冷ましてから使用、
電車内でライターを点火し、あまつさえビューラーに着火するという大胆な行いに
明後日で30になる私はすっかり驚愕、思わずガン見していたらその女子に舌打ちされました。

おそらくホットカーラー的な発想で温めているんだと思いますが、
しかし熱くないのかあれは。

マナーはともかく、一種の発明だなこりゃ、と感心してしまいました。

すごいわー。


ヨガ後遺症

  • Day:2009.04.20 00:37
  • Cat:遊ぶ
昼からヨガなんかやったら激しい頭痛に見舞われ
夕方帰ってきてベッドで唸っていたらいつの間にか深夜でした。

これから夏に向けて普通に汗かくのにわざわざホットヨガに行くのか私は、という疑念と、
ヨガとペットに手を付けたら彼氏できないよ、と数人の人に言われて切ない、という事情、
これに加えてこの頭痛、思わずヨガをやめてしまいそうですが、がんばります。

明日は会社の後輩の
「悪いこと言いませんから一回行っといた方がいいですよ合コン!」という力説に負け
「合コンの前打ち合わせ」なるものに行ってまいります。

なんでも、後輩の友達が私を検分して相手の男性陣をピックアップしてくださるそうな。

5つも下の女子たちにそんな面でお世話になって、
あたしゃ情けないよ、しかしありがとう合コン未体験の先輩を心配してくれて、
と複雑な気持ちで参加してきます。

緊張するぜ。


ムーンウォーカー

  • Day:2009.04.14 23:50
  • Cat:見る
4月からの異動先では今までとまったく違う仕事をすることになったため、
ここ最近毎日1〜2時間ずつ、そのあたりの未知の領域の勉強をしているのですが。

今日は帰りの電車が雨と人身事故で止まって足止めをくらったので、
会社の近くのスタバで勉強してから帰ろうと思って窓際の席をゲット、
コーヒーを買ってテキストを広げてさぁ集中、という瞬間、
窓の外で何やらうねうね動くものが視界の端に入るので、何ですか?と見ると、
1人の男子がムーンウォークで私のいる窓の方へ近寄ってきているではないですか。

先方からしてみれば私は背後にいるため全然見えていないわけで
恥ずかしくも何ともないのは当然だと思うのですが、
何やら反復練習しているらしく、あまり上手ではない動きで寄っては離れてまた寄って、
窓越しとはいえ何度も何度も寄ってこられるこっちの身にもなってはくれまいか。
見ずにはいられんじゃないか。

しかしまぁ、練習するのは彼の自由ですが、
東京のど真ん中のオフィス街で、しかも今日なんて雨の中、
自分の姿が映せるガラスや鏡があるわけでもなく私のような物好きに観察され放題な場所で
中途半端なムーンウォークを惜しげもなく繰り返す男子、何か悩みでもあるのでしょうか。
失恋でもしたのか若者よ。

彼のためにも自分の勉学のためにも見ちゃいかん見ちゃいかん、
と心を鬼にしてテキストと向かい合いましたがやっぱりしばらくはチラ見を継続、
1時間ほど経ったところでようやく男子が撤退したので
残り1時間で何とか腰を据えて勉強してきました。

いやぁおもしろかった。

ダメだと思いつつ明日も行ってしまいそうです。


運命の人

  • Day:2009.04.13 22:15
  • Cat:ほか
昨日近所を散歩していたら、運命の出会いがありました。

30歳の誕生日には何か記念になるものを、
その先の人生がハッピーになる何かを入手しよう、
と俗っぽくて恥ずかしながらも前々から思っていたのですが、
候補としてよく聞く時計とかアクセサリーとかはあんまり興味がないし、
バッグも今使ってるやつがいちばん好きだし、服も靴も別にいらないし、
引越しも今の部屋がいちばん好きでずっとここに住みたいし、
うーん弱った。

強いて言えばすんごいたくさん入る本棚とか、
はしごで上がったら本だらけの屋根裏部屋とか、
はたまた1日中日が当たる窓側に造り付けの机とか、
などとだんだん現実離れしてまったく思いついていなかったのですが、
なんと昨日!

すっぴんで吉祥寺をうろついていたら
これしかない!という机と椅子のセットに出会ってしまったのです。

机は幅が1200もあり奥行きは450で薄い引き出しも付いていて、
椅子は大きめで背もたれのサイズもちょうどよくてクッションも付いていて、
色は木目がちゃんとわかる白で、もうねぇ、もう鼻血が出るくらいよいのです。
ボキャブラリーが古くて恐縮ですが、ビビビ婚とはああいう出会いを言うのですな。

というわけで即刻購入、
といかないのが貧乏性、そんなに惚れているというのにけっこう迷い、
いや、でもこいつを逃したら後悔するぜ30代!と腹を決めて、ようやく購入。
つっても全然、セットで2万円もしなかったんですけどね。

最短でいつ届きますか?と聞いたらなんと私の誕生日だそうな。
あー運命だ運命だ。とまた独善。反省が足りずすんません。

あぁうれしい。
あの机で何やら書いたり本を読んだり手紙を書いたりひなたぼっこしたりできると思うと
幸せすぎてもう、向こう10年はセルフプレゼントいりません。

早くこないかなー。


魅惑のクリーニング

  • Day:2009.04.12 23:07
  • Cat:ほか
引っ越してきてから相性のいいクリーニング屋をなかなか見つけられず、
でももう冬物のコートとかジャケットとかたぶん着ないので、
今日何軒目かのところにチャレンジで持っていったのですが。

野村監督の奥さんを若干マイルドにした感じのおばちゃんが店番をしており、
あ、これはイカンかもしれん、でももう完全に両足とも入店してしまったよ、
と一瞬悪いほうにピンときたものの仕方なく預けてみることにして、
「コート2着とジャケット1着とスーツ1着でお願いします」と言うと、
「はいはいはいはいちょっと待ってねぇ」と超ゴキゲンで走り寄ってきて
ひとつひとつ広げてシミがないかとか何とか見てくれるので、
お、親切だ、こりゃ意外と大丈夫かもしれん、何事も見かけで判断しちゃいかん、
そうだ独善卒業もこういうとこから小さな一歩をね、踏み出さねばね、
などと考えごとをしていたらおばちゃんがいきなり「ぶすすすす」と笑い出し、
何事かと思って「え?」と聞いてみると、
「もーう、あなたかわいいの好きなのね、かわいいのばっかりじゃなぁい!」と
非常に何というかこう、盛り上がっていらっしゃるのです。

これは褒められてるのか?と思い、
とりあえず「ありがとうございます」と言うと、そんなのは全然聞いてない様子で
「あらやだ!これもかわいいわぁちょっともう!」となぜか若干怒られたり、
「ほんと好きねぇ」とドリフの加藤茶のようなセリフをかまされたりし、
実際は3分くらいだったはずなのですが、
完全にそのおばちゃんワールドに引きずり込まれていたため
10分くらいに感じるカウンター越しのひとときを過ごし、
やっとのことで預かってもらって店を出ました。

何だったんだ。
でもなんか、ウケるうえに決して嫌ではない、あの感じ。
何というか、ほんとに楽しそうなんです、人の服をただ見てるだけなのに。

お世辞でもなく、単に思ったことを言ってるだけな感じがすごく伝わってきて、
たとえばもっとクールなパンツスーツなんかを預ける女子には
「あらまぁ素敵ねぇこんなパリっとしたの、似合いそうだわぁ」とか言いそうだし、
その言い方が全然おべっかっぽくないので、たぶん言われた人はみんな
「あ、ありがとうございますぅ」みたいなまんざらでもない反応になってしまうはず。

いやー素敵だ。

今度からあそこにしよう。



怒られチャンス

  • Day:2009.04.11 20:13
  • Cat:遊ぶ
今日は心の友の一人と会ってきました。

ここ最近の不調っぷりを抽象的に話したところ、
「だいたいあんたは独善的だからなー普通の人の1.8倍くらい独善的だよ」
としょっぱなから毒舌、思わず泣くほど一瞬へこみましたが、
まぁそういうことを言ってくれる人がいるというのはありがたい。

ここでいう独善的というのはたぶん私の思い込みの激しさとか
ウザがられたくない願望の強さとか変に完璧主義なところとかのことでしょうが、
そういえばその普通の人というのはどの程度のもんなのか、
例えばお互いの知人で言うと誰を指すのか、聞くのを忘れてしまった。

今度教えてくれ友よ。
ってこうやって突き詰めようとするところがまた独善的なんだよなぁたぶん。

途中から話は私の恐怖の大魔王の件に発展、
恐怖の大魔王とは私が小さい頃から恐れている得体の知れない何かであり、
何か行動を起こす時にいつもついてまわる不安の源のようなものなのですが、
これって具体的に言うと怒られたりすることなんだよね、と話すと、
そんな恐がるほど怒られたことあるの?と聞かれ、
そういえばない、いつも怒られないように動くから怒られたことないわ、
と言うと、ということは、怒られてみたらいいんじゃないの?
実際怒られてみたらそんなに恐がるようなことじゃないってわかると思うよ、
と言われ、なるほど納得。

そこからは、いかにして怒られるかを具体的に考え、
フローチャートに落としたりなどしてかなり真面目に計画したのですが、
あれです、大人になってから怒られるのってなかなか難しいのです。

ただ怒られればいいわけではなく、大事な人に怒られなくてはならないわけで、
それも大事な人を怒らせてまで自分のやりたいことを通すというのが本質なわけで、
でももう大人なので、やりたいことを通そうとしたところで
誰かに激怒されて反対されるという場面などそうそう発生しないわけです。

大事な人となると、今の時点では家族とか人生の先輩とか心の友とか。
となると、その人たちに反対されそうなことと言ったら、
不倫とかできちゃった結婚ぐらいか?
でも別に不倫もできちゃった結婚もしたくないしなー。

というわけで、長々話してわかったことは、
大人になると怒られチャンスが減るために恐怖の大魔王の駆逐も困難になる、
という切ない現実でした。

あー。

あんな論議に向き合ってくれてありがとう友よ。
書いてみるとくだらないけど私にとっては有意義だったよ。

まぁ一般に比べて8割増しで独善的だと言われたことには密かにへこんで
帰りにテンションを上げる衝動買いを若干しましたけども。

三十路間近の怒られチャンス、引き続き模索中です。

どなたか思いついたら教えてください。


10年もの

  • Day:2009.04.08 01:00
  • Cat:ほか
センチメンタルにかまけて書くのを忘れていましたが、
春だからテンションを上げてみようという計画の一環として、
先日なんと、10年来ほしかったあるものを購入してしまいました。

そんなに必要じゃないんだけどほしいもの、というのは
男女問わずあると思うのですが、例えば女子的には何でしょうか、
ミキサーとか、美顔器とか、お腹に巻くとブルブルして筋肉が付くらしいアレとか、
そんな感じで私もそのブツを上京して2〜3年目くらいからずっとほしかったのですが、
学生の頃には「そんなに使わないしなー他のもので代用もできるしなー」と悩み、
就職してからは「そんな暇ないしなー今あるやつでも代用できるしなー」と悩み、
結局あれから10年。

実際に買ってみると1,500円くらいだったので、
10年で割ると1年に150円、1ヶ月10円程度の悩みだったのか、なんてこった、
という不毛な計算はいいとして、
そもそもの目的であるテンションを上げるという点に関してはこれ、
もう十二分に満たしていただきました。

とここまで書いてそれの正式名称が分からないという体たらく、
あれですあの、卵焼きを作る専用の小さい長方形のフライパンみたいな、
卵焼き器でいいんでしょうか。とにかくあれなのですが。

今までは既に持っていた小さめの丸いフライパンで作っていたので
どうしてもきれいな形にできず、卵焼きはまだしもだし巻き卵となるともうだめです、
という状態だったのが、あれを使うともう、
見事な形の、しかもふわふわの卵焼きが、しかもすぐに、できるのですよ。



まぁ立派。自画自賛。

引っ越してキッチンが広くなってからは会社にもお弁当を持っていっているのですが、
あーこれ引越し祝いに買えばよかった、と今さらながらこの半年の躊躇を後悔しています。

朝からこれできれいな卵焼きが作れると、
めざましの星座占いで12位でも気になりません。
何人分でも作りたくなります。

やーほんと、持ってない人にはオススメです。

ていうか、けっこう持ってるんですかね世の女子は。

学習バーベキュー

  • Day:2009.04.05 09:10
  • Cat:遊ぶ
昨日はバーベキューお花見という贅沢なイベントに参加してきました。

仲良しの先輩夫婦がご近所のママ友・パパ友同士で集まるとのことだったのですが、
私は諸事情により徹夜明けで早朝5時半頃に帰宅、
かつ目が腫れて不細工、といういただけない状態で、
しかも恥ずかしながら人生初バーベキューだったので勝手がわからず、
きっと現場では右往左往して役に立たないに違いないと思い、
明け方の誰もいない24時間営業スーパーで野菜や果物やタコなどを買い込み、
焼いてる間に食べられそうなマリネを作り、果物とかお菓子とかお茶とかを持って、
徹夜明けのためどう工夫してものらない化粧を途中で諦め、
若干遅刻でどきどきしながら会場の公園に到着したわけですが。

集まっていた4〜5組のご夫婦はみんなすごく親切で、
初対面が苦手な私でも入りやすい雰囲気を醸し出してくださって、
それぞれ2人でいるのが自然すぎるくらい自然で、
お子さんを抱っこしたりあやしたりするのも自然と2人協力してやっていて、
あぁーこういうのだよ夫婦とは、いい夫婦とはこういうもんだと私も思う!と、
前夜これに類することで悶々としていた私は、なんかこう晴々とした気分になりました。

激しくおいしいお肉を食べつつビールやワインをしこたま飲みながら、
どうして今の旦那さん・奥さんと結婚したの?という話題になったのですが、
どうしてって言われても他の誰かと結婚するなんて考えられなかったからねぇ、
とみんなが言っていて、そうだよなぁ、そうあるべき、というか、
そういう結婚が素敵だよなぁ、と思ってうんうんうんうん頷いていたら、
まぁ若者よ、お前もがんばれよ、と励ましていただき、
4歳くらいしか上じゃないのに大人だなぁと、子どもがいると違うのかもしれませんが、
私もこう、情緒面でもっと成長したいぜ、と真面目に思いました。

肝心の初体験バーベキューのほうは、
最初は予想どおり役立たずでうろうろしていたのですが、
最後あたりでなぜか火おこしの楽しさに目覚め、これはどちらかと言えば男子の役目、
というのはうすうす感じつつ、楽しいので火の前に陣取ってうちわで風を送り、
火が弱くなると薪を、と言ってもその辺に落ちてる枝ですが、薪を拾ってきて追加し、
火力が強すぎるよーと言われれば大きめの薪を一時避難させて火を弱めたりと、
すっかり楽しんでしまいました。あんな楽しいもんだったとは。
40歳で初バーベキューとかにならないでほんとよかった。

前夜には、ここ1ヶ月ほど悶々としていたことに決着もついてしまい、
昨日はたらふく食べてゲラゲラ笑って楽しんで、
家に着いたらあぁそういえば私徹夜明けだった、と気づいて急に眠くなり、
夕方6時に就寝、今朝8時に起床しました。

あー。すごい濃い1.5日間でした。

先輩がた、ほんとに本当にありがとうございました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。