ハートウォーミングな月末

  • Day:2010.05.31 22:30
  • Cat:働く
本日は5月最終日。

会計事務所にとって一年でいちばん忙しい(らしい)5月が無事終了、
ということで帰り間際の17時すぎ、所長がおもむろに立ち上がり、

会計士・税理士のみなさん、よくがんばってくれました、
その他のみなさんも、細かいお手伝い大変助かりました、
ご苦労様、ありがとう、と言いながら拍手を始め、
所員全員で「お疲れ様でした」と言いながら拍手。

なんなんでしょう。素敵すぎます。

そういえば先日は入社後初の給料日だったのですが、
茶封筒に入った手書きの給料明細を人事の女性から厳かに受け取り、
皆その足で所長の部屋の前に並ぶので何事かと思えば
1人ずつ所長の部屋に入り、直接お礼を言うのです。

所長はそんなことを強要するようなオレ様キャラでは全然ないにも関わらず
こんな温かい文化が根付いているという、この状況。

いやいや何だか毎日ほっこりすることばかりで
いつか突然ドッキリでした!残念でした!とか言われそうで怖いです。

まあそんなことないんでしょうけど。

はあ。

私もいろいろ見習って立派な人間になりたいと思います。


スポンサーサイト

パンチの行方

  • Day:2010.05.29 22:00
  • Cat:ほか
久しぶりに予定がほとんどない週末で、ようやく平穏を取り戻しております。

予定があるのはいいことなのですが、
予定がない状態に慣れすぎているせいか、ぱつぱつに詰まっているとやっぱり疲れるわけで、
今日は髪を切ったり今年の年間計画の見直しをしたり新しい仕事に合わせた生活リズムを考えたり
などの地味ーな作業を延々やっておりました。ああ。落ち着く。

2ヶ月ぶりに行った美容院ではまたしてもおかっぱをオーダー、
この前後輩の結婚式二次会の日にうまくブローできなくて凹みました、
という話をしたところ、なんで美容院来ないんですかと少々怒られ、

そういえば私は結婚式出席のために美容院で頭を整えたことがないのです、
と告白したら、マジっすか、どうやってんすかいつも、と驚かれ、
いやまぁ適当に、なんとなく乗り切ってます、と言い訳したのですが、
それ乗り切れてると思ってるのは自分だけですよ、と鋭いご指摘をいただきました。

そうですね。ほんとそう思います。以後気をつけます。

そんな気さくな美容師さんは、
再来月からご実家の床屋さんを継ぐためにお店を辞めてしまうらしく、
私にとっては初めて心を許した美容師さんなものでこれは大変な衝撃。

ところが、
床屋さんって、女でも入れますか?行ってもいいですか?とダメ元で尋ねたところ、
ああ、客のじいさんたちのテンション上がるかもしれないしぜひ、と快諾いただき、
なので次回から西東京のちょっと奥の床屋で髪を切ることになりそうです。
30代で床屋デビューするなんて、いやはや人生はわからんもんです。

ところで、
転職に伴い、ガテン系ブログからOL風ブログを経て次は会計系ブログか、
と思いきや毎回毎回文房具のことばかり書いてしまって恐縮なのですが、
先週ひたすら製本をしていた時に使っていたこの穴開けパンチ。


並々ならぬ分厚さの紙に一瞬で穴を開けてしまう優れものなのですが、
何度やってもあの穴になった紙の部分、あの2つの丸い部分が、
どういう仕組みで吸い込まれているのやら、わからないのです。

穴を開けた後に見ると、
上の写真では左側にある黒っぽいプラスチックの部分に溜まっているのですが、
それはあくまで結果であり、肝心なそこに繋がるルートというか通り道というか、
穴が開いてからそこに溜まるまでの過程・仕組みがさっぱりわからず、
悠長にそんなもん観察してる場合ではないことは承知の上で
じーっと見ながらゆっくりめに穴を開けてみたり
いやいや私はまだ試用期間なのだから真面目にせねばと改心したり
の繰り返しでけっこう疲弊してしまいます。

あー気になる。

どなたか仕組みをご存知の方、
ちなみにうちの事務所にあるのはコクヨの古い型のやつなので、
なんならコクヨにお勤めの方、よろしければぜひひとつ、ご教示ください。


お土産カルチャー

  • Day:2010.05.28 20:48
  • Cat:働く
ようやくそうめんヒモ週間が終わりました。

本日は17時に青山のお客さんのところに書類を届けに行ってそのまま直帰、
というわけでまだ明るいうちにおしゃれタウン南青山で解放されてしまい、
独身30代でその状況となればショッピングとかカフェでお茶とか何とか
やれることはたくさんあるはずなのですが、
なんせ青山なんて仕事以外で行ったことは5回もないわけで、
ああ居場所がない、やることがない、みんなおしゃれで美人も多い、
という感じですっかり気後れしてまっすぐ帰ってきてしまいました。

ところで、
転職して早3週間が経過し、気づいたのはどうもこの事務所、
セレブなお客さんが多いのではなかろうか、ということです。

というか、セレブという言葉ではむしろちょっと軽すぎる、
何と言えばいいのでしょうか、
ひいおじいさんの前の代から住所は西麻布なんですのよ、
的な、いわゆるいいとこの人、という感じの方々が多いのです。

なんでだろう。

とこの2週間ほど不思議だったのですが、
どうやら歴代の所長(今の所長のお父さんやお爺さん)がみなさん
某有名私立学校の出だそうで、なるほど言われてみれば確かに、
「ございましょう」とかいうただならぬ敬語が軽々と出てくるし、
「私が」も「わたくしが」で、かつ「が」はきれいな鼻濁音だし、
いやはや世の中そういう方々はそういう方々で交流のあるもんなんですな。

そしてその重厚セレブの皆様方に共通しているのが、
特にこれといって用事はなさそうなのに事務所に立ち寄る、という習性であり、
しかもその時にかなり立派なお土産を持っていらっしゃる、という文化であり、
今週はどこぞの老舗のお鮨屋さんがいらっしゃり、
これほんのつまらないものですが(鼻濁音)、
とおっしゃりながら差し出されたのはなんとでっかいちらし寿司。
全然つまらなくないですけど。

お昼休みに全員で分け合ったちらし寿司はこんな器に入っており、


「◯◯さんお料理好きなんだから持って帰ったらいいよ」
とのことで空いた器を洗って持ち帰らせていただいてしまいました。

あはー。
なんだかすみません。

器が立派すぎて中身を作るのが恐縮ですが、
ありがたく行楽弁当を持参する機会などに使わせていただきます。


非適材適所

  • Day:2010.05.21 00:46
  • Cat:働く
3月決算の会社の法人税の申告が今月末までなので、
今週から月末にかけて大量の申告書を作らないといけないのですが。

とはいえぺーぺーの私にできることといえば、オンリー製本。

そうです。
私のいちばんの苦手分野である、大量の紙を数えたりさばいたりする、あのお仕事です。

ということはあらかじめわかっていたのですが、
本日それを超えるさらなる苦手分野を発見。

税金の申告書とは、
ちまちまちまちま何枚もの紙にいろんな数字を書いて計算して
最終的には1センチ前後の厚みの冊子になるほどの量を誇り、
さらにその冊子を、税務署への提出用やお客さんの控えなど
用途に合わせて何冊か作ることになっているのですが、
その冊子というのが、うちの事務所ではあの太めの黒いヒモでもバインダーでもなく、
ゆでる前のそうめんのような、白い細い儚い糸のようなもので綴じるのです。

で、何が苦手ってその細いヒモ。

自慢じゃないですが私の手はでかく、
手のひらと手首の境目から指先までが20センチ弱はあるのですが、
そのでかすぎる手と細すぎるヒモの相性がまぁ悪い悪い、
今までの人生でもこのでかい手で困ったことは多かったものの、

・華奢なネイルが似合わない
・女子用手袋が入らない
・指輪のサイズがない

などなどまぁどっちかといえば気楽な悩みであり、逆に

・キャペツ1玉を片手で買い物カゴに入れられる
・顔や頭を洗いやすい
・何かと洗いやすい

などの利点もあったわけで、
なのでこのコンプレックスについてはそこまで深く悩んでいなかったのですが、
いやもう、本日気が遠くなるほど何本ものそうめんヒモと格闘した結果、

ああ。
手が小さければ、指が細ければ、こんなことには。

と綴じても綴じてもうまくならない我が手を見ながらしんみりしました。

無念。

ですが明日もがんばって綴じまくろうと思います。

2万歩散歩

  • Day:2010.05.16 18:11
  • Cat:遊ぶ
昨日は前の会社の後輩と根津に行ってきました。

テレビ東京でやっている『もやもやさまぁ〜ず2』という番組、
これはさまぁ〜ずの2人がぱっとしない町をだらだら歩くだけのものなのですが、
その後輩とはいつかアレをやってみよう、絶対楽しいはず、と前々から話していて、
とは言っても根津なんて今やぱっとしないどころかけっこう有名な散歩どころではあるものの、
まあ初回だしあまりにコアな町に行くのもなんだし、というわけで朝11時に駅で待ち合わせ。

あてもなく地図もなく歩き始め、
根津から千駄木を通って谷中銀座を抜けて上野まで回るコースをひたすら歩きました。

根津にあった牛乳販売所では


自販機の紙パックの見本がなぜか開いていたり


道路のまんなかに正直迷惑な看板があったり


他力本願な重いドアがあったり


潔いけどそそられない名前の焼肉屋があったり


そんなこんなで到着した谷中銀座ではビールとコロッケで休憩し


よし、引き返して上野に行こう、と向かう途中、
なんと大好きな映画『転々』に出てくる愛玉子の看板を発見!


愛玉子(オーギョーチー)とは映画で見る限りレモン味のゼリーのようなものなのですが、
感動のあまり入店しようとしたところ、店頭に飾られていた愛玉子の原材料が
毛の伸びたマリモというか毛に包まれた松ぼっくりというか何とも食欲を失わせる風貌で、


ああ、ちょっとこれは、ちょっとまた今度にしよう、と逃げ腰、
なんか寒くなってきたね、と気づいた時には18時になっており、
後輩の携帯に付いている万歩計機能をチェックしたところなんと、

歩数:22,500
距離:12.8キロ

どうなんだ。歩きすぎだろう。

というわけでその数字を見たら急に疲れ、
その後は大人しくご飯を食べて電車で家路につきました。

はー楽しかった。

次回散歩は鎌倉の予定。
スニーカーならもっと歩ける気がするので、次までに買っておこうと思います。

ビギナーズ文房具

  • Day:2010.05.11 21:50
  • Cat:働く
まだまだ試用期間だというのに昨日、
「はいコレ印鑑ね」とのことで印鑑をいただきました。

しかもなんとあの、正式名称がわかりませんが、
あの縦書きの苗字の間に日付が入っているあれ、
あの日付をぐるぐる回して調整して使えるあれ、
何と呼ぶのかわかりませんが、伝わりますでしょうか、
とにかく最初の会社では偉い人しか使っていなかったアイテムであり、
2社目では使っている人をついぞ見たことがなかったアイテムであるので、
当然のごとく私は過去に触ったことすらなく、ゆえに使用法がわからず、

おお、このままではもう、
個人別PHSを使う会社から固定電話を使う会社に転職した3年半前と同じパターンだ、
働く日本人なら誰でも知っている備品および文房具に関する常識を知らないことが露呈してしまう、
と焦り、隣の税理士さんのいぶかしげな視線を感じながらも箱から出すなり分解を開始、
納品時のとんでもない日付設定を本日日付に直す方法は何とか独学で習得したものの、
意気揚々とインクを付けて書類に押してみたところ、

おや?

日付欄が空白なのです。

こんなに苦労して合わせた日付が空白とは何事だ、
とさらに焦って印鑑をしげしげと見たところ、
あれって日付部分は回して数字を変えられるように上下に動かせる仕組みになっているんですね、
しかし私に納品されたそれはその上下への遊びの部分が一切活用されておらず、
結果として日付部分が氏名部分よりもだいぶ奥まった位置に鎮座しており、
通常ここを調整すれば氏名部分と同じ面まで降りてきますよ、
という調整弁のようなものを回しても微動だにせずカッチカチで、
それに気づかず押したもので空欄になってしまったということが発覚。

はー。どうすれば緩むのだこれは。
焦ったわりに結局文房具を使えない奴になっているではないか。

と思って途方に暮れていると、隣の税理士さんから「だ、大丈夫?」とのお声が。

ああ、神様。

恥を忍んで「あのう、これ、どうやって使うんでしょうか…?」と尋ねると、
税理士さんは一瞬「え?」という表情をなさったものの「いや…普通に」と言いながら
私の代わりに日付部分の高さを調整し始めたのですが、
なんとこれが、長年使ってらっしゃる税理士さんでも調整できないという事態。

しかしみなさん本当に親切なので、
既に定時も過ぎているのにマイナスドライバーまで持ち出して調整しようとしてくださり、
私できないんだけど◯◯さんできる?などと持ち回りにしてまで調整しようとしてくださり、
ああもう、忙しい5月にこんなことに時間を割かせてしまって恐縮です、
と消えたい気持ちになった頃、

わかった、これはたぶん、不良品だ。

という結論に関係者の全会一致で達し、
今日業者の方に来てもらったところやっぱり不良品でした。

ああ。

なんかいろいろ焦ったけど、事務所の方々の人柄を随所で感じることができ、
印鑑は再納品になりましたが、そんなことはどうでもいいのです。

はあ。いい経験しました。

初出勤記録

  • Day:2010.05.08 12:03
  • Cat:働く
行ってきました転職先。

世の中こんな職場があるのかと思うほど過去勤めた会社とは違っていて、
まあ業界も業態も違うので当たり前なのかもしれませんが、
事務所ではみんな黙々と自分の仕事をしていてあまり話し声はなく、
わからないことを調べるための本もたくさんあって、
なんかちょっと、プライベート図書館のような雰囲気です。

かといって居心地が悪いわけでは決してなく、
所長は授業のようにいろんなことを丁寧に教えてくれるし、
税理士を目指すならこうこうこういう勉強の仕方がいいよ、
ノートはこういうふうにわけておいて、毎日みんなが教えてくれることも
そのノートにこういうふうに書いていくと後々知識が繋がってわかりやすいよ、
などなど、給料をもらいながらこんなによくしてもらってよいのだろうか。

はー。
ばちがあたる。
資格をどう取るかは未定ですが、とりあえずご恩に報いるべくがんばります。

初日こそ、
真夏日なのにスーツで行ったらランチに鍋焼きうどん的なものをごちそうになり
気温プラス体温でスポーツでもしたのかという勢いの汗をかいたり
その後所長に事務所の近所を案内してもらってさらに汗をかいたり
などの失敗が相次ぎましたが、

昨日は2日目にして服装も適応させることができ、
途中、司法書士の先生に紹介してもらう際に焦りプラス張り切りすぎて
椅子に座ろうとした時に応接テーブルを膝で蹴り上げ「おう」と声を出してしまう
などの失態もありましたが、まずまずの出来。

毎日朝と15時にお茶を入れたり
事務所の掃除も自分でやったり、というのも新鮮で、
8人分のお茶をお盆で運ぶ時には重すぎて全部こぼす自分しか想像できませんでしたが、
まあ何とかやっております。ちなみに15時にはおやつも出ます。すごい。

まぁそんなことで焦っている場合ではないほど毎日知らないことが出てくるので、
なのに17時になったら帰れ帰れと言われて帰らせていただくわけなので、
週末は図書館にでも行って勉強したいと思います。

うはー。

がんばります。

転職の心得

  • Day:2010.05.03 21:03
  • Cat:働く
連休前に新しい勤務先に
初日は9時出社ですよね?とメールで聞いたところ、
9時です、そして定時は17時です、と返信があったので、
では8時半〜45分くらいに参ります、と返信したところ、
8時半では早すぎるので45分にしてください、と諌められました。

さらに、当日持参するものの確認をしたところ、

 ・年金手帳
 ・雇用保険の書類
 ・電卓

なんかはまあいいとして

 ・湯呑み(マグカップも可)

などが堂々と並記されているあたり、しかも湯呑み優先であるあたり、
ああ。なんか、文化の違いを感じてドキドキしてきました。

よくよく考えれば先月までの会社は最初の会社の取引先で、
転職とはいえ元から知っている人もけっこういたわけなので、
まったく知らない人だらけのところに転職するというのは初体験。

おおう、緊張。

しかしこれを機にまた昔のようなハプニング続出な日々になって
当ブログの醍醐味だった勤労にまつわる話がたくさん書けるかもしれん。

がんばります。

手作りイヤリング2

  • Day:2010.05.01 19:32
  • Cat:遊ぶ
友達からの誕生日プレゼントでアクセサリー用のパーツをこんなにたくさん


もらったので、昨日ハンズでその他のパーツをいっぱい仕入れてきて、
今日は勉強の合間をぬって、というか勉強はそっちのけでイヤリング作りに没頭。

どの色合いで行こうと決める時間が一番楽しいですね。今日はこんな感じで開始。


作っている過程の写真を撮ろうと思っていましたが、没頭しすぎて忘れてました。
1時間半くらいでこんなのが完成。


もっと5時間ぐらい楽しみたいのですが、なぜかこういう時だけ器用で不便です。

こういう色合いのやつは持ってなかったのでうれしいなあ。

明後日の結婚式二次会に着けていこうと思います。
そしてかわいい女の子観察に全精力を傾けてきます。うはは。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。