うどんデビュー

  • Day:2011.07.31 00:25
  • Cat:ほか
食べても食べても腹がへります。
大丈夫だろうか。

予備校にいる時はおにぎりとかパンばかり食べていたのですが、
最近もう食べすぎて飽きてきたので
今日は立ち食いうどん的なファストフードならぬファストうどん的な
店に入ってうどんを食べてみました。

店内の客、誰ひとりとして連れがおらず、
誰も何も喋らずうどんをすするズルズルという音だけが響きわたる中、
静かすぎてこみあげてくる笑いをこらえながら食べていたら
途中で隣に座ってきたかわいい女の子もまたズルズルと一心不乱にうどんをすすりだし

なんだこの状況!

とひとりで盛り上がってしまいました。

あー

かわいかった。
おいしかった。

スポンサーサイト

弁当、出産、お父さん

  • Day:2011.07.28 19:03
  • Cat:ほか
今日の発見。

体に力が入らなくなってきたので衝動的にとんかつ弁当を購入。
弁当というものをめったに買わないので知りませんでしたが、
ちゃんとご飯はほかほかに、とんかつはさくさくに、キャベツは冷たく
してあるんですね。ちょっと感動しました。プロだ。

今日のめでたいこと。

友達に2人目の子どもが生まれました。
一歩間違うと友達もできずに勉強ばかりしていたかもしれなかった高校生活が
風邪引いて休むのすら嫌なくらい楽しい時間になった
そのきっかけを作ってくれた尊敬する友達なので、
とてもとてもすごくおめでとう!と思ったのですが、
想像力の足りない私は単におめでとうを連発するあほのようなメールを送ってしまいました。
Nちゃんおめでとう!しつこくてすまん!

今日笑ったこと。

向かいのマンションの駐車場でお父さんと一緒に車から降りてきた女の子が
「パパありがとう!」
「パパーありがとーー!」
「パーパー送ってくれてあーりーがーとーおおおーーー!!」と絶叫。
あんなに言われたらお父さんも送りがいありますねえ。

もしもの連絡網

  • Day:2011.07.19 22:11
  • Cat:ほか
原田芳雄さんが亡くなって悲しい。
とても好きだったのですが。

もし私が不慮の事故なんかで死んだとしたら、
家族以外の親しい友達や昔の同僚にそのことが伝わるのに
どれくらいの時間がかかるのだろうかなぁというのを
けっこうしょっちゅう考えます。

職場の人なんて誰とも親しくはないですがたぶん即日伝わって、
本当に伝わってほしい人たちには意外と全然伝わらないんじゃないですかね。

携帯電話が無事であれば
落ち着いた頃に家族がメモリに入っている人には連絡してくれるかもしれませんが、
携帯ごと死んじゃった場合はたぶん誰にも連絡が行かないんだろうなと思います。

うーん。

と思ってもしもの時のために
自分が死んだらこの人とこの人には教えてね、
という何かを作っておいた方がいいのではないかと考え
死の連絡網の作成に乗り出そうとした時期もありましたが、
暗すぎるということにはたと気づいてやめました。

よく考えたらどうやってあんだけたくさんの人が葬式に集まってるのやら
世の中で当たり前に行われていることの裏側を自分は全然知らないのでした。

試験が終わったら「父と暮せば」を観よう。

規格外その2

  • Day:2011.07.18 00:05
  • Cat:ほか
カチュームというのをご存知でしょうか。

女子は知っていると思いますが
男性はあんまり聞いたことないですかね、
要は細めのひも状のヘアバンドのようなこんなもので、



美容院に行けないため伸び放題の髪をどうにかしようと先日購入し、
適当にまとめ髪にした頭にこれをつけるとなぜかいい感じに見えるような気がする
という素敵な代物。

そんなわけでこれをつけて若干テンションを上げていたら
昨日今日と妙な頭痛がするので
勉強のしすぎかなぁ、げへへがんばってるなぁ私、
と痛い頭にロキソニン等を投与しつつ自己満足に浸っていたのですが、
今日の夕方ちょっとこのカチュームを外してみたところ、
その頭の解放感たるや、何といいますか、
三蔵法師に許してもらった時の孫悟空の気分とはこんな感じだろうか。

頭痛も何のことはない、
勉強のしすぎでもなんでもなく
この輪っかがきつかっただけではないか。

知ってたけど、やっぱり頭でかいんだなあ。

知ってたけど。

哀しい規格外

  • Day:2011.07.16 21:05
  • Cat:ほか
うるさい場所でも勉強しやすいようにと
今さらながら耳栓を購入。

人生初の耳栓にやや浮かれつつ、
予想をはるかに凌駕する柔らかさの耳栓にびびりながら
「ロール状にねじった状態で耳に差しこみ膨らむまで手を添えてお待ちください」
という説明書の指示に従って装着し、膨らむまで待ってそっと手を離すと、

→膨らみ終えると同時に耳から出る。


何度やっても無駄でした。
どうやら耳の穴が基準より小さいようです。

何だよ。
頭も背丈も手足もでかいのになんでそこだけ小さいんだよ。

まあ穴が小さいということは
穴を構成する皮膚その他が結局大きいということなのかもしれませんが、
久しぶりにいらいらしました。


ビール飲みたい。

今日の活力

  • Day:2011.07.15 23:36
  • Cat:ほか
活力その1

チオビタドリンクのCMの菅野美穂が激烈にかわいいですねえ。



軍手の指の余り具合がたまりません。
こんな彼女がいたら何でもがんばれる気がする。



活力その2

トーク番組に出ている石田ゆり子がすばらしく綺麗ですねえ。
10歳も上なんて思えません。
何を食べたらあんな40代になれるのだろうか。
あんな40代になれたら還暦までの労働人生も乗り切れる気がする。



あー

もはやきれいな女の人を見ることだけがストレス解消です。

がんばります。


愛のしるし

  • Day:2011.07.14 20:00
  • Cat:読む
武田百合子の「富士日記」、
どこを読んでも楽しい稀代の日記だと思いますが、
中でも私がいちばん好きなくだりのひとつがこちら。

 …毎年夏の終るころは、夏の好きな私は「さびしい、さびしい」と
 滅多やたらにいっている。私がさびしいと訴えると(主人は)
 「うまいものを腹一杯食べて、うんこをしてねておしまい」…などと
 いつもは言うのに…

本日、以下うんこの話しか出てきませんので、
うんこ嫌いの方、お食事中の方、悪しからず読み飛ばしてください。

というわけで気を取り直して続けますが、

このくだり、本来は病気で死に近づきつつある旦那さんとの会話の場面で、
いつもなら「飯食ってうんこして寝ろ」と言う旦那さんが
最近は「さびしいなんて言うな!」などと言う、それがいやだ、
という悲しい場面なのですが、それはさておき、

あ、途中ですがもう1つ好きなくだりを思い出しましたので再度引用。

 …主人「今日はうんこがまだ出ない」とばかり言って、
 ねてみたり庭に出てみたり、テレビの前に坐ってみたりしている。
 毎日、<うんこが出てからなにかをする、うんこが出てから仕事をする>という
 「うんこ待ちの日々」である。…

 …(主人に向かって)ながなが私はしゃべくった。
 夜は気持ちよさそうに主人はね入る。
 焼きにぎりを食べたあと、一杯うんこが出て上機嫌となった…

ここを読むといつも私は
うんこに関する情報を開示するというのはとても大きな愛の表現だなあ
と思うのですが、どうですか皆様。そうでもないですか。

だって思い出してください、
小学校の時、ちょっとでも個室に長く入っていると
あいつうんこしてんじゃねーかと思われやしないかと心配しませんでしたか?
すべてが個室である女子でそうなのですから男子はもっとシビアなのでしょう、
御愁傷様です、心中お察しいたします、

しかし!

そんなネガティブなイメージとはもうおさらばです。
今日からうんこは愛のしるし、友情の証です。

だって例えば友達と旅行に行った時、
ユニットバス1つしかない部屋で果たしてうんこをしていいものだろうか、
と悩んでしまう相手、あげく我慢してしまう相手もいれば、
ごめん今うんこしちゃった!今入ったらくさいよ!
と言ってしまえる相手もいるわけで、
そのどちらに心を開いているかと言えばそりゃもう後者であることは一目瞭然、

さらに例えば恋人と一緒にどこかの店にいたとして、
明らかにうんことわかるほどの長時間をトイレで過ごして恋人のもとに戻った時、
店内が全然混んでいないにもかかわらず
ごめんねーお手洗いが混んでてさーと見え見えの嘘をつかねばならない初期の段階もあれば
ごめんごめん!うんこしてた!と言えるようになる時期も来るわけで、
そのどちらがお互い気楽かと言えば、これももう後者であることは明らかなわけです。

どうでしょう、
私だったら友達でも誰でも相手にうんこ我慢されてるより出してもらったほうが
確実にきゅんとくるなあと思うのですが、世の皆さんはどのようにお考えでしょうか。


はあ。

勉強しよ。


厄年下半期

  • Day:2011.07.11 21:27
  • Cat:ほか
さっき帰りに前を歩いていたおばあさんが
神社の前で一瞬立ち止まって境内に向かって軽く会釈をしたのを見て、
それがあまりに軽やかな会釈だったので
ああこれは今日だけじゃなくて通るたびにやってるんだろうなあと思い、

心が洗われるような気分で家に帰ってきてとりあえず
先日の地震で壁から落下してそのままになっていた厄除けのお札を
しかるべき方角に設置しなおしました。
神様4ヶ月も放置してすみません。1年の3分の1ではないか。

気づいたら本厄の1年も半分が終わってしまい、
年始にびびっていたほど苦しいことや辛いことがあったわけでもなく、
何か大事なものをなくしたかなあと考えてみても何もなくしていない、
これはとても幸せなことなのであって、

最近本来の人づきあいの悪さに拍車がかかっている私に
相変わらず優しくしてくれる友達に、ひたすら感謝です。
喉元すぎたら忘れてしまわないとやってられないこともありますが、
忘れてはいけないことも同じくらいたくさんありますね。

来月受ける税理士試験のためにあらゆるお誘いを断り続けているにもかかわらず、
あんまり連絡してないけど応援してるよ、というメールをくれる友達が最近多く、
そんな連絡をもらうたびにきゅんときて、このままではきゅん死してしまいそうです。

はー。
ありがたすぎる。

がんばります。
来年からはこんなに切羽つまってからじゃなくて計画的に勉強します。うう。

梅雨一過

  • Day:2011.07.10 20:23
  • Cat:ほか
昨日から月がくっきりしたなあと思ったら梅雨が明けたんですね。
最近ニュースも新聞も見ないのでさっき知りました。
今年は短かったような気がします。

というわけで今日は勝手に梅雨の晴れ間だと思い込み、
ここぞとばかりにシーツを洗ったり布団を干したり
そうやって活動していると腹はへるのですが、
あまりの暑さにこれを食べたいという具体的な欲求が出てきません。

最近やることに追われていて自炊もしていないので、
落ち着いたら自炊したり本読んだり映画観たりしたいなあと欲望にまみれております。

あー
節電のせいにしていますが実際は自分の不精のせいで
家の中の植物がしおしおに枯れております。
観葉植物なんかがしおれる時は自分がしおれている時だとか言いますが、
ほんとにそうかもしれません。
うーん
でも今さらどうやったら回復するのかと途方にくれるくらい壊滅的に枯れています。
サボテンだったら枯れないのだろうか。

うちのアパートの大家さんは庭いじりの好きな人で
土日は毎週のように水をまいたり何かを植えたりしていて
暑い夏でも季節にふさわしいこんな花がアパートの裏庭にはたくさん咲いていて、
いいなあ私も草花を愛でる余裕がほしいぜ。



夜明けの鼻の穴

  • Day:2011.07.08 23:11
  • Cat:ほか
私の鼻は低いので、鼻が高い人を見ると無条件にうっとりします。

と長年思っていたのですが、
実はそのうっとりは鼻の高さに対するものではなく
鼻の穴の形に対するものであることが最近わかりました。

というのも私の鼻は低いので(しつこい)
鼻の穴が三角形ではなく、なんというかまあ丸いわけで、
なのできれいな三角形をしている鼻の穴にはオートで羨望の眼差しを向けてしまうのです。

特にいいのはあれですね、
鼻の頭の方向がいちばん鋭い角度になっているやや縦長の鋭角三角形ですね、
ああいうシュッとした鼻の穴を見るともう、
なんて美しい形状であろうかとため息が出ます。

しかしこの形状を楽しむには相手の鼻の穴をガン見できる角度に我が身を置かねばならず、
これがけっこう難しいわけですが、
運よく相手が上を向いてくれたり自分が座っている隣に立ってくれたりすると
いいですねえ、そのままそのまま、と内心祈りつつ短いその時間を堪能するわけです。
親しい皆様、もっと私の前で鼻の穴を見せてください。

ところで先週末、
母親が上京していたので母と弟がうちに泊まったのですが、
翌朝早めに目が覚めたので薄暗い中でぼーっと二人の寝顔を見ていたら、
なんとまあ二人とも私とまるで同じようなまんまるの鼻の穴を備えているではないですか。

遺伝ってすごい。
血のつながりとはこんなところにも出るものか。

と思うとともに、
今まであんまり好きじゃなかった自分の鼻の穴を
まあこれはこれでいいじゃないかと思いつつ、二度寝しました。


ちなみに全然関係ないですけど
ブログ再開についてもろもろA子ありがとう!


演歌サイダー

  • Day:2011.07.06 00:22
  • Cat:見る
新宿のサザンテラスにある宮崎物産品の店で10数年ぶりに見たこれ。




そういや東京に来てから見ませんでしたが九州の会社が出してるんですね、
鹿児島の皆さんはご存知のスコールです。
確かカルピスソーダみたいな白い三ツ矢サイダーみたいな飲み物だったと思います。

うーん
文句なしに爽やかなパッケージ。

しかもよく見ると「Skal」のロゴの上に極小の文字で
「愛のスコール」と書いてあります。さりげなさが演歌のようです。

愛という大義名分の下に自分の欲求を主張する人のなんと多いことか、
自分もやってしまっていてその自覚もある以上
そういうことをされても相手ばかり責められないわなあと思うとともに
そういうことを全然感じさせない人をほんとにすごいわと尊敬するのであって、

自分もこの愛のスコールのフォントの小ささを見習って
さりげなくありたいもんです。

ときめきの源泉

  • Day:2011.07.04 20:57
  • Cat:ほか
帰りに寄ったお総菜屋の店員女子がかわいすぎて元気が出ました。

私がかわいい女の子に反応してしまうのは、
たぶん自分が22歳から26歳という
一般的にいうところの「女の子のいちばんいい時期」を
今より体重プラス10キロぐらい&顔は吹き出物で崩壊、
という悲しい身体で過ごしたからだと思うのですが、

あ、わかりにくいですね、つまり、
あの頃私もこんなだったらなあ、的な視点と
でもまぁあれもいい思い出よ、的な勝手な美化フィルターに濾過された追懐が
入り混じった気持ちで女の子を見てしまうからだと思うわけです。

しかしそうだとすると、
もしあの頃ふつうに一般的な外見だったとしたら
今頃私は女の子にときめく心を持たないつまらん奴になっていたかもしれず、
そんなんでは人生の楽しみを5分の1くらい失っているも同然であるので、
うん、ということはやっぱり、
あの頃の10キロの肉塊も無駄ではなかったのだな、
とね、思います。

思います。

たぶん。

マクロへの憧れ

  • Day:2011.07.03 05:08
  • Cat:ほか
マクロな視点というのが持てないまま三十余年が経ちました。

ひとりで生きているとほとんど困らないのですが
人に交じるととたんに肩身が狭くなるのがこのマクロ、
というのも私はこの視点の欠如のせいで、
ジブリ映画もスターウオーズもガンダムもバガボンドも村上春樹もワンピースも

え?
あれ?
今これ、何が問題なんだっけ?

という
熱心なファンの前では口が裂けても言えないような疑問だけが脳内を駆け回り、
まったく理解不能のまま時間だけが過ぎていき、
よかったねえとか感動したあとかいう周りの声に
うんうん、うんうんうんうん、ととりあえずうなずくことしかできない
という醜態を曝し続けてきたのです。

上に列記した諸々に共通するのはなんというかこう、
壮大なロマンと言いますかガバッとした大枠の対立構造なんかがまずあって
それを軸に話が進んでいくという流れなのではないかと
いまだ理解できていない私の感想なのであてにはなりませんが
まあそんなふうに漠然とは感じているわけですが、

私はまさにその、大枠というか前提というか
誰は何のために誰と敵対していて物語全体としてはこういう世界観を目指しているのだよ
という、その話を読んだり観たりするにあたっての基本中の基本を
ほとんど理解できないわけです。

で、
最初はそのわからない部分を解決しようと問いを立てたりするのですが、
あまりにわからないためにそのうちどうでもいい枝葉末節にのみ着目、

ジブリ映画であれば
 「ししがみ殺すとなんかいいことあんの?」→「美輪明宏って作品ごとに男声と女声使い分けててすごい」
スターウオーズであれば
 「この人誰の仲間だったっけ…」のループ
ガンダムであれば
 「エウーゴって何だったっけ?云々」→「あ、フォームラサメ可愛い」
バガボンドであれば
 「この人敵だったっけ味方だったっけ」のループ→「うーん、おつう可愛い」
村上春樹であれば
  →どの小説にどの主人公が出てきてどういう話になるんだったか全部ごちゃまぜ
ワンピースに至っては
  →寝る

という体たらく、
ああもう上記のファンの皆様、大変申し訳ございません。

いやよいやよも好きのうち、と言いますが、
それが何となくわかるなあと思うのは、
こういう理解不能なものの前では好きも嫌いもないというか、
好き/嫌いという概念は、わかる/わからないという概念を突破したのちに現れる壁である
というのを上記作品をひょんなことから目にした時にいつも感じ、
まず理解ができないと好きにも嫌いにもなれんよなあと思うわけです。

あー
ものごとを俯瞰できる30代になりたい。


突然

  • Day:2011.07.02 22:00
  • Cat:ほか
大好きな友達から酔っぱらい電話がかかってきて
なんというか大変きゅんときました。
ふだんそんなに頻繁に連絡を取る友達ではないのですが、
なんかもう非常にきゅんときて
大学時代の友達なのに(同郷じゃないのに)
思わず方言丸出しで喋ってしまいました。

酔っぱらって電話しちゃった、
というやつを私はやったことがありませんが、
やられてきゅんとこない場合、
たぶんその相手のことは好きじゃないのでしょう。

うーん
私も誰かにやってみたい。

いつも突然やめたり始めたりしてすみません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。