直球ナンパ

  • Day:2006.01.26 03:09
  • Cat:働く
数週間前、会社に新しく派遣社員の女の人が入ってきました。

髪はサラサラだし肌はすべすべだし、背もちょっと小さめで、要するに可愛い。

というわけで女好きとしてはそんな女子をチェックしないわけはなく、
彼女が入社した時からずっと気になっていたんですが、
別の部署に入ったこともあってなかなか話すチャンスがなく、
そうこうしているうちに同い年らしいという情報も耳にして、
ますます思いは募り、すれ違うたびに話しかける機会を狙っていたところ、
今日なんと、トイレで2人きりという格好のシチュエーションに恵まれました。

が、実際そんなことになってみるとそれはそれで恥ずかしいもので、
「お疲れ様です」と言ったはいいけど後が続かず、散々もじもじしたあげく
いかんともしがたくなって結局そのままトイレを出てしまいました。

はー。私の馬鹿。

と思ってその後残業して、休憩しようとコーヒーを買いに行ったら、
ちょうど愛しの彼女が帰り支度をしているではないですか。

その瞬間、なぜか急に決意が固まり、そのまま勢いで話しかけてみたところ、
「○○と言いますーよろしくお願いしますー同い年なんですよ」とテンパる私に、
彼女は落ち着いて丁寧に自己紹介を返してくれて、しかもあろうことか、
「よく挨拶してくださるから私も○○さんのこと気になってたんですよー」と
おっしゃるじゃありませんか。

んもう。幸せ。
ビバあいさつ。勇気出してよかった。

これで明日から気兼ねなく話しかけられるし、
もうちょっとしたらご飯なんかにも誘っちゃたりしちゃったりして。

うふふふふ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。