天真先生

  • Day:2007.04.21 21:46
  • Cat:ほか


今日からまた学校で、新しいクラスに行ってきました。

3月までのクラスで一緒だったような同じ年代ぐらいの人は一人もいなくて、
ほぼ30代、上は50代くらいの人もいて、いやでも緊張してしまう状況。

ところが、3月までのクラスで教えてもらっていた恐怖の罵倒先生とは違い、
今期の先生は穏やかで和やかでわりといい加減で、
喋りの最後に「ん、んぐうふふぅ」という何とも言えない一人笑いがつく人で、
初日でしたが予想外に笑い(先生の)の絶えない授業でした。

その先生ですが、のっけから、
「あのー、巷に出回ってる翻訳者を目指す人のための雑誌あるでしょ、
 あれはねぇ、金儲けっつーか、ほぼ嘘ですから。うふぅ」
と言って皆をビビらせ、
しまいには明らかに平均年齢30歳超のクラスに向かって
「まぁ翻訳で食べていこうと思ったら、遅くとも30歳までにはそういう関連の
 仕事にもぐりこんで必死でやらないとかなり厳しいです。んぐぅふふぅ」
とおっしゃり、本当にもう天真爛漫というか何というか。

でもまあ、そりゃ当然早く始めた方がいいわけなんですが、
どれくらいでどういうふうになれるかなんて人によるわけで、
要は途中でやめないで続けとけばどうにかなるんじゃないのかなーと思いました。

帰り道、統一地方選に向けての「最後のお願い」に参りましたという
たくさんの候補者の選挙カーとすれ違ったのですが、
最後のお願いだけあってもう皆さんそれこそ必死の様子で、
何を目指すかも公約も言わずにとりあえず名前を連呼していたり、
「明日の投票用紙には▲▲とお書きください」とひたすら復唱していたり。

そりゃないよなぁ。

なりふりかまわなすぎです。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。