怒られチャンス

  • Day:2009.04.11 20:13
  • Cat:遊ぶ
今日は心の友の一人と会ってきました。

ここ最近の不調っぷりを抽象的に話したところ、
「だいたいあんたは独善的だからなー普通の人の1.8倍くらい独善的だよ」
としょっぱなから毒舌、思わず泣くほど一瞬へこみましたが、
まぁそういうことを言ってくれる人がいるというのはありがたい。

ここでいう独善的というのはたぶん私の思い込みの激しさとか
ウザがられたくない願望の強さとか変に完璧主義なところとかのことでしょうが、
そういえばその普通の人というのはどの程度のもんなのか、
例えばお互いの知人で言うと誰を指すのか、聞くのを忘れてしまった。

今度教えてくれ友よ。
ってこうやって突き詰めようとするところがまた独善的なんだよなぁたぶん。

途中から話は私の恐怖の大魔王の件に発展、
恐怖の大魔王とは私が小さい頃から恐れている得体の知れない何かであり、
何か行動を起こす時にいつもついてまわる不安の源のようなものなのですが、
これって具体的に言うと怒られたりすることなんだよね、と話すと、
そんな恐がるほど怒られたことあるの?と聞かれ、
そういえばない、いつも怒られないように動くから怒られたことないわ、
と言うと、ということは、怒られてみたらいいんじゃないの?
実際怒られてみたらそんなに恐がるようなことじゃないってわかると思うよ、
と言われ、なるほど納得。

そこからは、いかにして怒られるかを具体的に考え、
フローチャートに落としたりなどしてかなり真面目に計画したのですが、
あれです、大人になってから怒られるのってなかなか難しいのです。

ただ怒られればいいわけではなく、大事な人に怒られなくてはならないわけで、
それも大事な人を怒らせてまで自分のやりたいことを通すというのが本質なわけで、
でももう大人なので、やりたいことを通そうとしたところで
誰かに激怒されて反対されるという場面などそうそう発生しないわけです。

大事な人となると、今の時点では家族とか人生の先輩とか心の友とか。
となると、その人たちに反対されそうなことと言ったら、
不倫とかできちゃった結婚ぐらいか?
でも別に不倫もできちゃった結婚もしたくないしなー。

というわけで、長々話してわかったことは、
大人になると怒られチャンスが減るために恐怖の大魔王の駆逐も困難になる、
という切ない現実でした。

あー。

あんな論議に向き合ってくれてありがとう友よ。
書いてみるとくだらないけど私にとっては有意義だったよ。

まぁ一般に比べて8割増しで独善的だと言われたことには密かにへこんで
帰りにテンションを上げる衝動買いを若干しましたけども。

三十路間近の怒られチャンス、引き続き模索中です。

どなたか思いついたら教えてください。


スポンサーサイト

Comment

ほうほう
いや私もね、独善的思考を直そうとするそのプラン立案自体が
また独善的なわけでしょ?どうすんのよそれ、という感じで
同じように悩んだ(笑)

でもたぶん高校とか大学行けたのとか
ブログ書いて楽しいと思えることとかも
独善の成せる業というか、そういうポジティブもよいんでは?
とか思ってまた独善的によしとしてみた。意味ないかも(笑)

独善的っていうとことばが強すぎるけど、
要は他の人の言うことも素直に聞くとか、
思い込みの激しさをワンランク下げるとか、
そういう感じでやわらげていくしかないのよなーと思って、
とりあえず独善ショックからは立ち直った気がするよ。

そういや映画!行かねばよ!
あたしゃーけっこう暇ですがよ。メールするね。
  • 2009/04/12 21:41
  • 本人
  • URL
  • Edit
Unknown
私も独善的だなぁ.兄に言われたことある.
自分が独善的なせいか,他人が独善的かどうかってよく分からないんだよね・・・.

でも,独善的な性格って直るもんなのかね?
私の場合,独善的って言われて,そりゃもうぐるぐる悩みぬいた末,
「直そうと思うとさらに独善的になってる気がする.
 ていうか独善的じゃない行動がどんなのか分からなくなった.
 独善的かもしらんが,こんな自分でも好きになってくれる人と友達になろう」
的あきらめに至ったんだけど.こんな私はダメでしょうか(苦笑)
  • 2009/04/12 17:58
  • miconeko
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。