ゲット!

  • Day:2010.06.21 20:37
  • Cat:読む
入手しました夢のチケット!


うへへへへ。かなり前の列です。
あー楽しみ。

テーマになっている野坂昭如集も読まねばならんのですが、
昨日からこれを再読し始めたら止まりません。

『甘美なる来世へ』(T・R・ピアソン/みすず書房)


さすがですね、みすず書房。
ストーリーを追ってはいけない小説の代表です。
私にとって海外の作品では間違いなく3本の指に入ります。

ちなみに永遠の1位はこれです。

『中二階』(ニコルソン・ベイカー/白水社)


大学の時、これで卒論を書きたいと言ったら指導教官に止められました。
『甘美なる来世へ』も『中二階』も、脱線で小説ができています。

ああ、何度読んでも思いますが、
くだらないことにパワーを費やすってすばらしいっす。

スポンサーサイト

Comment

!!
読んだ方に初めて会いました!笑
ど…どうでした?大丈夫でしたか?(勧めておいて不安)
原文への興味は尽きませんよね。たぶん原文じゃ読めませんけど。。

『中二階』は久しく読み直していないので記憶が詳細ではないですが、
「牛乳パックから牛乳を注ぐ時に牛乳がちょっとねじれて出てくるのはどういう仕組みか」
的なことを主人公が延々と考えているあいだに小説が終わります。
『甘美なる~』が大丈夫でしたらぜひ…。(また不安)
  • 2010/06/24 23:14
  • 本人
  • URL
  • Edit
『甘美なる世界へ』
実は、OLになりたいさんの影響で買ってしまいました。
もう、その初体験の文章構成にただただ圧倒されるばかりでした。
本当に原文がどんな構造になっているのか、一度見なくてはいかん、と思ってしまいますね。
  • 2010/06/24 02:07
  • tama
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。