囲い欲

  • Day:2011.01.22 00:39
  • Cat:聞く
人と会うのが猛烈にしんどい時というのがあり、
しんどいけどこのタイミングとこのメンバーなら会っとかなければなあという時もあり、
行ってみれば意外と楽しかったりして全然しんどくなかったりして、
と何かを奮い立たせて行ってみても
そういう場合ほとんどのケースはやっぱり激烈にしんどく、

そんなわけで本日の会合もけっこうなしんどさで、
しんどいなあと思っていたらついつい意識が会話から遠のき、
気づくと隣のテーブルの40代後半男性4人組の会話に耳を傾けており、
その中のいちばんよく喋る男が曰く、

俺は今20代の女を囲っている

と宣うので、
ほうほう、と興味津々に聞いていると、
彼の言う「囲っている」というのはつまるところ
「月に40万を渡してやっている」ということらしいのです。

そりゃ月に40万といえば年俸制としても12をかけると480万になるわけで、
20代のOLとしてはけっこうなお給金なわけで、
まあ囲ってると言えば言えなくもないのかもしれませんが、
なんだか囲っているという表現にしては月40万じゃ少なくないか?
と反射的に思ってしまったのも事実で、

でもじゃあいくらだったら囲っているにふさわしいのだろうかと考えても、
逆に囲うのに必要最低限の金額はいくらなのだろうかと考えても、
これまた答えが出ず、

そうこうしているうちに聞き役の男の1人が
「いいなぁかっちゃん、俺も囲いたいよ」
と心底囲いたそうな言い方でつぶやいたので、おお?と驚くと、
なんと残りの2人も同様に「うーん、いいなあほんと」と言い出すではありませんか。

そうなのか?
金で女を囲いたいというのは男性にある程度共通した願望なのか?

ま、んなこたないだろうとは思いましたが、
その女っ気のないテーブルで女を囲っていると自慢げに話しているかっちゃんと、
本心はどうだか知りませんが少なくとも口では俺も囲いたいと言っている残り3人は、
なんだか大変にほくほく楽しそうで、
これでもしその囲われている女も不自由がないのなら、
それはそれでなんか需給のバランスがとれているというか何というか
まあ1つの幸せであるのかもしれんなあと思いました。

ふーん。

そんなに囲いたいもんですかね。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。