2年ぶりでした

  • Day:2005.09.16 23:02
  • Cat:ほか
本日鹿児島から東京に戻ってきました。

2年間帰らなかったあいだに、実家にまつわる環境は激変していました。
変化は主に次の通り。

?実家が引っ越していた
私の実家は1年半前に売っておばあちゃんちをリフォームしてそこに引っ越したので、実家そのものが変わっていました。昔のおばあちゃんちの趣を残しつつ、ちょっと新しくなっていて、ほえーあの家がこうなるのかーと正直びびりました。

?おじいちゃんおばあちゃんが歳をとっていた
2年というのは長かったらしく、前回帰省したときは元気だったおじいちゃんやおばあちゃんがかなり年老いていました。とは言っても、みんな何だかんだとよく喋って元気でしたが、変な意味でなくこの歳になるともういつ何が起こるかわからんのかもしれん、と思い、これからはマメに帰らんとなーと思いました。

?おばあちゃんの生態が判明した
?と関連しますが、リフォームの結果同居することになった父方のおばあちゃん、この人は昔から不思議な人物で、今で言う天然の類なのかもしれませんが、その人の生態が、同居することによってかなりクリアになりました。
食べてる時と寝てる時以外は、他愛のないことを喋っているかお経を唱えているか病院に行ってるか買い物に行ってるか温泉に行ってるか独り言を言ってるかのどれかなんですが、何をするにも常に超スローペース&マイペースで、いやー実に幸せそうでした。母や弟は、毎日付き合ってるとさすがに疲れるよ、なんて言ってましたが、あんなふうに人と自分を比べてどうこうってことを一切考えない人というのもきっと珍しいはず。と私は思いました。年の功だろうか。

?叔父がスキンヘッドになっていた
特に説明は必要ないくらい、文字通りスキンヘッドになっていました。美しかったです。

とまあいろいろありましたが、おばあちゃんちに蚊が多いことなど前と変わらない部分も多々あり、6日間で約20ヶ所も刺されてしまいました。

そして、今頃の時期になっても暑いというのも2年前と変わらず、鹿児島の気温に合わせてノースリーブにサンダルで羽田に着いた私は、既にブーツの方々も多くいらっしゃる東京の街を、鳥肌を立てつつ肩身の狭い思いで足早に歩いて家まで帰ってきました。

ちなみに帰京して最初に顔を合わせた知り合いは、コンビニの上村さんでした。

スポンサーサイト

Comment

Unknown
まさか昨日会うなんて。
存在ごとうっかり忘れてたから、レジの前でどぎまぎしたよ。
でもこれは恋じゃないのよ。
  • 2005/09/17 19:11
  • 本人
  • URL
  • Edit
Unknown
オチの上村さんにヤラれたー!
でもよかったね、上村さんに会えて。
  • 2005/09/17 08:41
  • miconeko
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。