腹式呼吸の春

  • Day:2011.03.27 18:38
  • Cat:見る
おととしの秋にモデルをさせてもらった絵が賞をもらったということで、
岡本太郎現代芸術賞の展示を観に行ってきました。

作者の方は、
年齢や環境のせいにして絵を諦めるということをしない、
私から見たらもう強くてゆらゆらしていなくて尊敬するしかない人なのですが、
そのご本人も誰か他の人に対してそういうふうに尊敬したり憧れたりしているという、
当たり前といえば当たり前のことなのですが、
私は今日ご本人からそう聞いて初めてその気持ちが実感としてわかって、
すごくいいことを聞いたなあと思いました。

絵は高さ2メートル超のキャンバス5枚に5人の男女の立ち姿が描かれているものなのですが、
とにかく強くて大きくて高い、
この感じを表す言葉が私には今はわからないというのが正直なところで、
なんというか、うまく言えませんが、
一切音のしない深い腹式呼吸を見ているみたいでした。

美術館のある生田緑地にも私は初めて行ったのですが、
モクレンとか、品のいい花がちらほら咲いていて、
メタセコイヤとかの冬の雰囲気もまだ残っていて、3月ならではの空気でした。
いいですねえ。東京近郊の緑のレパートリーがまた1つ増えました。







スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。