泡でも洗えないほど繊細です

  • Day:2005.09.21 00:02
  • Cat:ほか
目に石鹸の泡が入るのと鼻の穴に石鹸の泡が入るのとどっちが痛いかと問われれば、私は諸手をあげて後者に賛同します。

小さい頃は、顔を洗う時には鼻に水が入らないように鼻から息を吐きながら厳重に警戒して洗っていたんですが、大人になってからというもの、ついつい油断して鼻から出す息の勢いを昔よりも弱めてしまうことが多々あり、それだけなら問題ないんですが時にはなぜか息を吸ってしまうこともあり、そんな中で気づいたのが、水を吸うよりも石鹸の泡を吸う方が10倍(当人比)は痛いということです。

何でなんでしょう。

全然分かりません。

どうして生物の時間にこういうことを教えないでカエルの卵割とかどうでもいいことばっかり教えるのかなぁ、なんて思えるのは泡を吸ってから3分後ぐらいで、それまではもう洗顔中に息を吸った自分への非難や鼻毛を伸ばしておかなかったことへの後悔の気持ちで胸がいっぱいになって大変へこみます。

今日、洗髪中に誤ってシャンプーを吸いましたが、やっぱり痛かったです。

鼻の穴と言うと、「鼻」って漢字がそれだけでもう充分なマヌケさを醸し出している上に、世間的には何かこう、鼻水といい鼻血といい鼻毛といい、どうも滑稽なイメージばかりが先行している感がありますが、そんなことはない、とってもデリケートな部分なんですね。

はー。まだ痛い。
スポンサーサイト

Comment

ちなみに
その刺さった!!という感覚、まさにそうです。激しく同感。
  • 2005/09/21 23:45
  • また本人
  • URL
  • Edit
鍛えるって!!
どうやればいいんですかね?
大変興味があります…。強くなればかなり便利。
企業秘密でなければこっそり教えてください。

大丈夫です、このブログ限られた人しか見てませんから!
  • 2005/09/21 23:33
  • 本人
  • URL
  • Edit
わかります
私も後者です。

私の場合は、謝って洗濯洗剤を鼻から…


刺さった!!
わかります。
痛いほど、わかります。

だから鍛えては、いるんですがね

はなのあな

  • 2005/09/21 00:41
  • ことり
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。