朴訥アナーキー

  • Day:2011.04.08 20:21
  • Cat:ほか
弟が避難してきてから早1ヶ月、
何の不自由も不具合もなく同居しております。

友達に話すと、仲いいねえ、としみじみ言われるのですが、
特に何かを話すわけでもなく、でも喧嘩する理由もないので、
仲がいいとか悪いとかいう概念外のところで淡々と暮らしております。

しかし、
一人じゃないと思うと何となく
ご飯のおかずを増やしたり栄養バランスをよくしたりして
結果としてお互いに口内炎だの風邪だのが治ったりするというのは同居のいいところで、
今や食事もお風呂も全部終わって本を読んでいると
23時前後に弟が帰ってきて黙って風呂に入るのでその間にご飯を温めて
弟が食べているあいだ20分くらい話をしてそのまま就寝、
というのが定番のリズムになりつつあります。地味。

朝は8時前に私が家を出る時にも弟はまだ寝ているので、
何時に起きてんの?と先日尋ねたところ、
うーんほんとは8時半、なんだけど今日は起きたら10時だった、
と平気な顔で飯を噛みながら宣うので
え?10時?遅刻?とびっくりして聞くと、
うん、2月も遅刻しててさ毎日、そんで有休がなくなったから今日のは欠勤、
とこれまた穏やかに言い放つ弟。

本当に血がつながっているのだろうか。
と疑いたくなるくらいの性格の違いっぷりです。

あんまりやったらクビになるよさ、とふざけて言ってみると、
うん、2月は毎日だったからさすがに社長に呼び出されてがられた(怒られた)、
そんで呼び出されたのにまた遅刻したから今度は懲戒だって、
始末書書かんといかんのだった、そうだ忘れてた、とのこと。

ええー・・・

遅刻で懲戒って、
姉ちゃん丸8年働いてるけど聞いたことないよ。
マイルドな顔してなんてアナーキーな奴なんだ。

しばし驚いて盛り上がった後、
しかし意外と会社ってクビにならないんだね、と言うと、
うん、まあ遅刻はするけど行ったらちゃんと働いてるからね、
と当たり前すぎる返事をする弟を見ながら、
よし、なんかいろいろ大丈夫かもしれない、と妙な勇気がわきました。

異文化交流ってすばらしい。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。