ロールプレイング

  • Day:2005.10.26 23:55
  • Cat:ほか
私が行っている英語学校では2人1組とかでディスカッションをすることが多いのですが、
今日組んだS氏(男性、推定同年齢)はちょっと手に負えず、若干泣きたくなりました。

自分と同じレベルの人が集まったクラスなので、
語彙の豊富さとか喋りの流暢さとかは大体同じなのですが、
意気込みとか勢いみたいなものは人によって当然違っていて、
困るのは自分よりはるかに強い勢いを備えている人と組んでしまった時です。

S氏はまずやたら声が大きく、テキストに沿ったディスカッションの間もひたすら喋りまくり、
私が何か言えばすぐに「ノゥノゥノゥノゥ!」と言って割り込んできて、
そんなんなのですっかり怖くなった私は休み時間が来る瞬間だけを心待ちにしていたのですが、
やっとのことで休み時間になり私が席を立とうとすると、

氏「オゥ! ウェアドゥユゥゴウ?!」
私「え…?」
氏「ウェア?! ドゥユゥゴウ?」
私「あ、あの、休み時間ですよ?」
氏「ノーゥ! ノージャパニーズプリーズ! プリーズイントロデュースユアセルフ!」

なんて強引な。でも顔は笑ってました。
とりあえず怖かったので、何となく流されてしょぼい英会話を交わしていたら、休み時間は終わってしまいました。

くそう。

ていうか大体そんな唐突に自己紹介しろなんて、英語なら何を言っても許されると思っているんだろうか。

あー。怖かった。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。